2023年9月24日「私に学び、証しなさい!」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

<ルカによる福音書16章27節~31節>
金持ちは言った。『父よ、ではお願いです。私の父親の家にラザロを遣わしてください。私には兄弟が五人いますので、こんな苦しい場所に来ることのないように、彼らによく言い聞かせてください。』しかし、アブラハムは言った。『お前の兄弟たちにはモーセと預言者がいる。彼らに耳を傾けるがよい。』金持ちは言った。『いいえ、父アブラハムよ、もし、死者の中から誰かが兄弟のところに行ってやれば、悔い改めるでしょう。』アブラハムは言った。『もし、モーセと預言者に耳を傾けないならば、たとえ誰かが死者の中から復活しても、その言うことを聞き入れはしないだろう。』
(聖書協会共同訳)

金持ちの霊が地獄でアブラハムを呼んで「私の兄弟たちのところにラザロを送って、彼らに神様を信じるようにと、一言だけ伝えてください。死んだ人が行って話してあげたら、聞いて悔い改めるでしょう」と言ったら、アブラハムは「地上で伝える人の話を聞いて信じなければならない。あなたの兄弟たちも地上で信じなければ、地獄に行くだろう」と言いました。

一番大きい罪が「永遠なる神様を信じない罪」です。そして「神様が遣わした救い人を信じない罪」です。地上で神様を信じ、神様が遣わした救い人を信じて生きることが、永遠な運命を大きく左右します。

この世で肉がどのように生きるかによって、自分の霊が永遠な地獄の世界に行って永遠に苦痛を受けて生きるか、永遠な天国に行って永遠に喜びで生きるかが決まります。肉体一生と霊が永遠に愛と理想の世界で生きるためには、神様と神様が遣わした救い人を絶対に信じ、神様の御心どおりに義を行なって最高に忠誠を尽くして愛して生きなければなりません。

私たちが神様の完全な愛の対象になってはじめて、神様が続けて共にし、しるしを見せてくださいます。各自、神様が自分に行なわれたすべてのしるしを証しなければなりません。イエス様が行なったことの記録が聖書になって、それを証して人々が戻ってきました。この時代も、神様が行なわれたことをどんどん証して、人生の道を探している人々に伝え、命の道、神様の歴史に戻ってくるようにしなければなりません。

2023年9月17日「私イエスに学びなさい 1.愛には偽りがない 2.初めの愛を取り戻しなさい」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

2023年10月1日「神様の心と自分の心」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2019年9月29日「才能通りに仕事を任せた人が…

    コリント人への第一の手紙12章18~28節みんな肢体です。全てが尊…

  2. 2020年8月9日「速く行ないなさい」キリスト教…

    歴代誌下35章21節<ネコは使者を送って言った。「ユダの王よ、私はあなたと…

  3. 2019年7月7日「神様の御心通りに、主の御心通…

    ヨハネによる福音書6章38~9節箴言19章21節御心というのは、神…

  4. 2021年5月16日「仕事の生と楽しみ」キリスト…

    私たちが働く時、三位はただ見守られるだけでなく、共に働かれます。大変だった…

  5. 2019年11月17日「神様も聖霊様も主も主のこ…

    ヨハネによる福音書5章36節/6章2節主を知ることは御言葉によって…

  6. 2022年12月25日「神様愛、イエス様愛のクリ…

    ルカによる福音書2章11-14節今日ダビデの町に、あなたがたのために救い主…

  7. 2021年7月18日「今すぐにみんながすべきこと…

    ルカによる福音書21章34節<「二日酔いや泥酔や生活の煩いで、心が鈍くなら…

  8. 2021年12月12日「何事も終わりが大事だ」キ…

    マタイによる福音書24章13節<しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる。>…

PAGE TOP