2020年10月25日「聖霊と主と共に」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

マタイによる福音書16章17-8節
<すると、イエスはお答えになった。「バルヨナ・シモン、あなたは幸いだ。あなたにこのことを現したのは、人間ではなく、天におられる私の父である。私も言っておく。あなたはペトロ。私はこの岩の上に私の教会を建てよう。陰府の門もこれに打ち勝つことはない。>

マタイによる福音書17章1-8節
<六日の後、イエスは、ペトロ、それにヤコブとその兄弟ヨハネだけを連れて、高い山に登られた。 すると、彼らの目の前でイエスの姿が変わり、顔は太陽のように輝き、衣は光のように白くなった。見ると、モーセとエリヤが現れ、イエスと語り合っていた。ペトロが口を挟んでイエスに言った。「主よ、私たちがここにいるのは、すばらしいことです。お望みでしたら、ここに幕屋を三つ建てましょう。一つはあなたのため、一つはモーセのため、もう一つはエリヤのために。」ペトロがこう話しているうちに、光り輝く雲が彼らを覆った。すると、雲の中から、「これは私の愛する子、私の心に適う者。これに聞け」と言う声がした。弟子たちはこれを聞いてひれ伏し、非常に恐れた。イエスは近寄り、彼らに手を触れて言われた。「立ち上がりなさい。恐れることはない。」彼らが目を上げて見ると、イエスのほかには誰もいなかった。>

「私についてきなさい」とは、霊魂まで責任を負えなければ言えない言葉です。
自信満々におっしゃったのは、メシヤであり、王の王だからです。普通には言えない言葉です。
主に従ってこそ、力が湧くし、もらえるものもたくさんあるし、労苦が無駄になりません。
しるしもたくさん起こります。
主がどこにいても、心と思いと命を尽くしてついてきなさいということです。
「ついてきなさい」と言われた時は、いそしんでついていくべき時です。
天に対してたくさん行なってきた人は、霊に多くのものを持っています。
死ぬほど働いても、聖霊と主を呼ばなければ無味でむなしく価値を感じなくなります。
聖霊と主と一体になった時に天国だと言えます。
信仰で、考えで、そばにいると思って生きなければなりません。
毎日対話して生きなければ、遠く感じます。
説教の時より、生活の中でもっと深く話されるから、続けて恵みを受けて下さい。
神様に近くすることが本当に大きいことです。

2020年10月18日「絶対信仰はしるしの御働き、歴史だ」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

2020年11月1日「聖霊に従って行ないなさい」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2019年4月14日「神様、聖霊様が存在なさるこ…

    へブル人への手紙2章4節ヨハネによる福音書3章32~3節使徒行伝1章8節…

  2. 2020年1月19日「平和にする人,祝福を受ける…

    マタイによる福音書5章9~12節今日の本文は、イエス様が山に登って…

  3. 2021年7月18日「今すぐにみんながすべきこと…

    ルカによる福音書21章34節<「二日酔いや泥酔や生活の煩いで、心が鈍くなら…

  4. 2021年5月16日「仕事の生と楽しみ」キリスト…

    私たちが働く時、三位はただ見守られるだけでなく、共に働かれます。大変だった…

  5. 2019年11月24日「最後まで行なってこそ問題…

    ヨハネの黙示録2章26節ヤコブの手紙2章17節聖書の歴史を見ても、…

  6. 2020年11月22日「命を顧みなさい」キリスト…

    ヨハネによる福音書21章15-7節<食事が終わると、イエスはシモン・ペトロ…

  7. 2020年10月18日「絶対信仰はしるしの御働き…

    マタイによる福音書17章14-20節<一同が群衆のところへ来ると、ある人が…

  8. 2020年10月11日「大胆に行なってこそ得る」…

    ヨシュア記1章5-11節<あなたの命の続くかぎり、誰一人あなたの前に立ちは…

PAGE TOP