2020年10月18日「絶対信仰はしるしの御働き、歴史だ」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

マタイによる福音書17章14-20節
<一同が群衆のところへ来ると、ある人がイエスに近寄り、ひざまずいて、言った。「主よ、息子を憐れんでください。発作でひどく苦しんでいます。何度も何度も火の中や水の中に倒れるのです。お弟子たちのところに息子を連れて行きましたが、治すことができませんでした。」イエスはお答えになった。「なんと不信仰で、ゆがんだ時代なのか。いつまであなたがたと共にいられようか。いつまで、あなたがたに我慢しなければならないのか。その子をここに連れて来なさい。」そして、イエスがお叱りになると、悪霊は出て行き、その時、子どもは癒やされた。弟子たちはひそかにイエスのところに来て、「どうして、私たちは悪霊を追い出せなかったのでしょうか」と言った。イエスは言われた。「信仰が薄いからだ。よく言っておく。もし、からし種一粒ほどの信仰があるなら、この山に向かって、『ここから、あそこに移れ』と言えば、移るだろう。あなたがたにできないことは何もない。」>

ヘブライ人への手紙11章1-6節
<信仰とは、望んでいる事柄の実質であって、見えないものを確証するものです。昔の人たちは信仰のゆえに称賛されました。信仰によって、私たちは、この世界が神の言葉によって造られ、従って、見えるものは目に見えるものからできたのではないことを悟ります。信仰によって、アベルはカインにまさるいけにえを神に献げ、それにより正しい者であると認められました。神がその供え物を認められたからです。アベルは死にましたが、信仰によって今も語っています。信仰によって、エノクは死を経験することなく天に移されました。神が彼を移されたので、見えなくなったのです。移される前に、神に喜ばれていたことが証しされていたからです。信仰がなければ、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神が存在しておられること、また、神がご自分を求める者に報いてくださる方であることを、信じていなければならないからです。>

三位を絶対的に信じたら、責任をもってしるしの歴史につないでくださいます。
できなかったことができたら、それがしるしです。
絶対的に信じなかったから、弟子たちは悪霊を追い出すことができませんでした。
絶対的な信仰が必要です。
神様が遣わした人を信じることが神様を信じることです。
不可能なこと、大変なことをやったことを「山を移す」と表現しました。
の御言葉は山を移すしるしを起こします。
神様と一緒に行なわなければできません。
今まで多くの山を移してきました。
自分が信仰を持って決めて、最後まで信じてみなければなりません。

2020年10月11日「大胆に行なってこそ得る」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

2020年10月25日「聖霊と主と共に」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2019年4月14日「神様、聖霊様が存在なさるこ…

    へブル人への手紙2章4節ヨハネによる福音書3章32~3節使徒行伝1章8節…

  2. 2020年1月19日「平和にする人,祝福を受ける…

    マタイによる福音書5章9~12節今日の本文は、イエス様が山に登って…

  3. 2021年7月18日「今すぐにみんながすべきこと…

    ルカによる福音書21章34節<「二日酔いや泥酔や生活の煩いで、心が鈍くなら…

  4. 2021年5月16日「仕事の生と楽しみ」キリスト…

    私たちが働く時、三位はただ見守られるだけでなく、共に働かれます。大変だった…

  5. 2019年11月24日「最後まで行なってこそ問題…

    ヨハネの黙示録2章26節ヤコブの手紙2章17節聖書の歴史を見ても、…

  6. 2020年11月22日「命を顧みなさい」キリスト…

    ヨハネによる福音書21章15-7節<食事が終わると、イエスはシモン・ペトロ…

  7. 2020年10月25日「聖霊と主と共に」キリスト…

    マタイによる福音書16章17-8節<すると、イエスはお答えになった。「バル…

  8. 2020年10月11日「大胆に行なってこそ得る」…

    ヨシュア記1章5-11節<あなたの命の続くかぎり、誰一人あなたの前に立ちは…

PAGE TOP