2021年1月17日「神様の時と期間」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

コヘレトの言葉(伝道の書)3章1-8節
<天の下では、すべてに時機があり/すべての出来事に時がある。生まれるに時があり、死ぬに時がある。/植えるに時があり、抜くに時がある。殺すに時があり、癒やすに時がある。/壊すに時があり、建てるに時がある。泣くに時があり、笑うに時がある。/嘆くに時があり、踊るに時がある。石を投げるに時があり、石を集めるに時がある。/抱くに時があり、ほどくに時がある。求めるに時があり、失うに時がある。/保つに時があり、放つに時がある。裂くに時があり、縫うに時がある。/黙すに時があり、語るに時がある。愛するに時があり、憎むに時がある。/戦いの時があり、平和の時がある。>

マルコによる福音書13章33節
<「気をつけて、目を覚ましていなさい。その時がいつであるか、あなたがたは知らないからである。>

できなければできないまま終わりです。
すべてに時と期間があります。
時を守る人が成功し、自分の夢を成します。
本人がやらなければなりません。
瞬間過ぎる機会もあります。
霊感で、人を通してその機会が来ます。
神様の時代の時があります。
時を守りなさい、時を待ちなさいという話です。
神様が下さった機会を逃したら、それで終わってしまいます。
時を大切に思わなければなりません。
万事に時があります。
いつもそのことに気を使わなければなりません。
期間があります。
その間にできなければなりません。
すべてのことが盗人のように来ます。
だからいつも準備していなければなりません。
時が来たら、状況が悪くてもやらなければなりません。
時だけを見て行なわなければなりません。
行なった時に三位が働きかけてくださいます。
時が来たら、他のところに時間を使ってはいけません。
時は成長した通りに、準備した通りに来ます。
だから早く成長しなければなりません。
神様は時計のように時を守られます。
だから時を守って、時計のように生きなければなりません。
時を守った人は時を逃した人と共にすることができません。
毎日心、行ないを新たにすることで、勝利する年です。
機会が来た時、問題も一緒に来ますが、つき進めなければなりません。

2021年1月10日「理想世界」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

2021年1月24日「切実な祈りによって神様が生かしてくださった」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2020年4月12日「知恵が一番だ」キリスト教福…

    箴言4章4~9節<父はわたしを教えて言った、「わたしの言葉を、心に留め、わ…

  2. 2021年1月24日「切実な祈りによって神様が生…

    エステル記4章15-7節<エステルはモルデカイに返答して言った。「あなたは…

  3. 2019年5月19日「神様と聖霊様と主は約束通り…

    マタイによる福音書20章1~16節これは天国に関する比喩であり、信…

  4. 2021年8月1日「大きくできない時だから、小さ…

    マタイによる福音書25章21節<主人は言った。『よくやった。良い忠実な僕だ…

  5. 2020年8月9日「速く行ないなさい」キリスト教…

    歴代誌下35章21節<ネコは使者を送って言った。「ユダの王よ、私はあなたと…

  6. 2020年5月10日「実践の権勢と御力」キリスト…

    ルカによる福音書6章46-9節わたしを主よ、主よ、と呼びながら、なぜわたし…

  7. 2019年12月22日「罪と罰/神様を信じないこ…

    マルコによる福音書16章16節ローマ人への手紙1章17節「不信仰の…

  8. 2020年10月18日「絶対信仰はしるしの御働き…

    マタイによる福音書17章14-20節<一同が群衆のところへ来ると、ある人が…

PAGE TOP