2020年6月7日「命を守ってくださった全能なる三位一体に感謝し、愛しなさい」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

詩篇23篇4-6節
<たとい、死の陰の谷を歩くことがあっても、私はわざわいを恐れません。あなたが私とともにおられますから。あなたのむちとあなたの杖、それが私の慰めです。私の敵の前で、あなたは私のために食事をととのえ、私の頭に油をそそいでくださいます。私の杯は、あふれています。まことに、私のいのちの日の限り、いつくしみと恵みとが、私を追って来るでしょう。私は、いつまでも、主の家に住まいましょう。>

ヨナ書2章6節
<私は山々の根元にまで下り、地のかんぬきが、いつまでも私の上にありました。しかし、私の神、主よ。あなたは私のいのちを穴から引き上げてくださいました。>

マタイによる福音書16章26節
<人は、たとい全世界を手に入れても、まことのいのちを損じたら、何の得がありましょう。そのいのちを買い戻すのには、人はいったい何を差し出せばよいでしょう。>

ヨハネによる福音書8章29節
<わたしを遣わした方はわたしとともにおられます。わたしをひとり残されることはありません。わたしがいつも、そのみこころにかなうことを行うからです。」>

神様がなさったことが分かったら、感激し感嘆し眩暈がするほどです。
最高の恵みは霊肉の命を守ってくださったことです。
一度でも守ってくださらなかったら、生きている人は一人もいません。
健康に生きているから感謝しなければなりません。
救ってくださったことを貴重に思わなければなりません。
90%以上いつも共にしてくださっています。
天下とも代えられない霊と肉の命です。
悟ることが大きな恵みです。
感謝し喜んで生きなければなりません。
この御言葉に該当しない人は、世の中に一人もいません。
くださった恵みを忘れたら恩知らずです。
民族もこの歴史も守ってくださいました。
もっと悟って感激感謝して喜びなさいということです。
未練なく栄光を帰して生きなければなりません。
神様の御心のために生まれたことを忘れてはいけません。
信仰も肉も生かしてくださったから、神様を喜ばせることを楽しみとして生きなければなりません。

2020年5月31日「福音の始まり」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

2020年6月14日「三位は貴重に使ってこそ貴重なものをくださる」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2019年7月28日「あなたは神様のものだ」キリ…

    ローマ人への手紙12章1~5節イザヤ書43章1節すべてが神様のもの…

  2. 2020年4月26日「主の永遠の命の御言葉」キリ…

    ヨハネによる福音書1章14節<そして言は肉体となり、わたしたちのうちに宿っ…

  3. 2021年5月16日「仕事の生と楽しみ」キリスト…

    私たちが働く時、三位はただ見守られるだけでなく、共に働かれます。大変だった…

  4. 2021年4月18日「幼いからといって叱り、止め…

    ルカによる福音書18章15-7節<イエスに触れていただくために、人々は乳飲…

  5. 2021年9月12日「みんな共に、予定なさった御…

    ローマの信徒への手紙8章28節<神を愛する者たち、つまり、ご計画に従って召…

  6. 2020年11月1日「聖霊に従って行ないなさい」…

    ガラテヤの信徒への手紙5章16-8節<私は言います。霊によって歩みなさい。…

  7. 2022年3月20日「神様のその深い心情を知りな…

    神様の深い心情を知るためには、祈らなければなりません。私たちが祈るときや生…

  8. 2021年8月8日「清く瑕(きず)なくしなさい」…

    テサロニケの信徒への手紙一 5章23節<どうか、平和の神ご自身が、あなたが…

PAGE TOP