2020年6月14日「三位は貴重に使ってこそ貴重なものをくださる」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

マタイによる福音書25章21節/
<主人は言った。『よくやった。良い忠実な僕だ。お前は僅かなものに忠実だったから、多くのものを任せよう。主人の祝宴に入りなさい。』>

箴言3章1-4節
<子よ、私の教えを忘れず/私の戒めを心に保て。あなたには長寿と命の歳月が与えられ/平和が増し加わる。慈しみとまことがあなたを捨てることはない。/それらを首に結び、心の板に記しておけ。あなたは神と人の前に/好意と良い成果を得る。>

主人の祝宴に入らせる、神様の喜びに参加させるということは、ものすごいことです。
永遠に天国に住むということです。
使命も、自分の体も、神様がくださったものだから貴重に思わなければなりません。
「行なった通り報いる」というのは怖い言葉です。
早く行なうことが祝福を受ける秘訣です。
衝撃を受ける人、大きく感動を受ける人が大きく使われます。
衝撃とは反応です。
反応のない人たちは神様の世界から出て行きました。
もらったものを証しなければなりません。
命も真心で管理しなければなりません。
しっかり育てて貴重に使わなければなりません。
神様がくださったものは何でも貴重に思わなければなりません。
何でもないように思えるものでも貴重に思ったら、もっと貴重なものをくださいます。
これは全人類に行なわれることです。
もらったものを神様と一緒に使う時、数百万倍使うことができます。
あげる時にくださいます。
もらうことばかり考えてはいけません。
命を貴重に思う時、物質も入ってきます。
天地とも代えられないものが命です。
自分が醜いといって傷つけたりしてはいけません。
貴重に思った時、喜ぶし病気にもなりません。
自分を新しくした時、人を貴重に思うようになります。
健康管理をしっかりしなければなりません。
神様のものとして使う時、貴重に使うようになります。
ただはありません。
三位を愛して生きる人が貴重な人です。
もらったものを貴重に思わなければ、流されてしまいます。
忠誠を尽くす人が、神様の祝宴に参加するようになります。

2020年6月7日「命を守ってくださった全能なる三位一体に感謝し、愛しなさい」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

2020年6月21日「やる時にやりなさい」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2020年8月30日「契約としるし」キリスト教福…

    2020年8月30日 主日礼拝の御言葉主題:聖句:創世記9章12-6節<さ…

  2. 2019年9月1日「完全に知るであろう」キリスト…

    コリント人への第一の手紙13章8~13節今いる位置から出て来る段階…

  3. 2021年2月28日「怠けずに聖霊と主と共に勤し…

    ローマの信徒への手紙12章11節<怠らず励み、霊に燃えて、主に仕えなさい。…

  4. 2019年10月6日「理想世界」キリスト教福音宣…

    イザヤ書43章19~21節神様は旧約4000年の歴史が終わる時まで…

  5. 2021年5月9日「最後までやってこそ目的を成し…

    マタイによる福音書24章13-4節<しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる。…

  6. 2019年12月22日「罪と罰/神様を信じないこ…

    マルコによる福音書16章16節ローマ人への手紙1章17節「不信仰の…

  7. 2021年9月19日「誰でも自分の肉的な矛盾を断…

    ローマの信徒への手紙8章6節<肉の思いは死であり、霊の思いは命と平和です。…

  8. 2019年5月5日「ひとつだけを考えて行うな」キ…

    マルコによる福音書8章33節ペテロは主のことを思って今日の本文のよ…

PAGE TOP