2023年8月6日「また、私に学びなさい」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

<ルカによる福音書11章37-41節>
イエスが話し終えると、ファリサイ派の人から食事の招待を受けたので、その家に入って食事の席に着かれた。ところがその人は、イエスが食事の前にまず身を清められなかったのを見て、驚いた。主は言われた。「なるほど、あなたがたファリサイ派の人々は、杯や大皿の外側は清めるが、自分の内側は強欲と悪意で満ちている。愚かな者たち、外側を造られた方は、内側もお造りになったのではないか。むしろ、できることを施しとして与えなさい。そうすれば、あなたがたにはすべてのものが清くなる。

<ルカによる福音書11章46節>
イエスは言われた。「あなたがた律法の専門家にも災いあれ。あなたがたは、人には背負いきれない重荷を負わせながら、自分ではその重荷に指一本も触れようとしない。

イエス様がファリサイ人の家に食事の招待を受けて行かれた時、彼らはイエス様が手を洗わないで食べると言って非難しました。イエス様はファリサイ人たちの悪だくみを見抜いて「あなたたちの内側は強欲と悪意で満ちている。」と指摘なさいました。この時代も同じです。個人も民族も、外側は美しくきれいですが、内側は貪欲と悪でみち、無知があふれています。

また、イエス様は律法学者たちに「あなたたちは人々に重荷を負わせている」と咎められました。この時代も、他人にやらせて自分はやらない指導者は律法学者と同じです。自分を主張し、自分を中心にしてパン種のように腐る行為をする人は、神様がファリサイ人のように考えて追い出します。

このような悪い行いは本当に直さないといけません。指導者は自分に仕えさせるのではなく、しもべになって走り、人々を大事にしてあげ、仕えてあげなければなりません。

人は誰に学ぶかによって運命が左右されます。神様が遣わした人を信じ、時代に従ってこそ、最高のその時代の真理を学び、時代の救いを受け、神様の愛の対象になって最高の生を生きることができます。遣わされた人に正しく学び悟って、悪い行いを必ず直さなければなりません。

2023年7月30日「ただ私に学びなさい」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

2023年8月13日「私に尋ね、私に学びなさい」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2020年12月13日「三位一体に感謝と栄光」キ…

    テサロニケの信徒への手紙一5章18節<どんなことにも感謝しなさい。/これこ…

  2. 2023年7月2日「『この時代、今』話される神様…

    マタイによる福音書13章16-17節「しかし、あなたがたの目は見ているから…

  3. 2019年8月4日「その実によって彼らを知るだろ…

    マタイによる福音書7章15~23節/25章33節人間を木にたとえて…

  4. 2020年12日29日「よくやった。良い忠実な新…

    マタイによる福音書25章23節イザヤ書41章10節本文に「良い忠実…

  5. 2019年5月5日「ひとつだけを考えて行うな」キ…

    マルコによる福音書8章33節ペテロは主のことを思って今日の本文のよ…

  6. 2022年8月28日「主はキリストで、神の子でい…

    マタイによる福音書 16章13-20節<イエスは、フィリポ・カイサリア地方…

  7. 2020年12月20日「メシヤを送った神様、聖霊…

    ルカによる福音書2章7-20節<初子の男子を産み、産着にくるんで飼い葉桶に…

  8. 2023年7月23日「1.神様の愛する肉体が世の…

    <創世記6章1-18節(中略)>神の子らは、人の娘たちが美しいのを見て、そ…

PAGE TOP