2024年4月21日 主日礼拝「よくなるように予定しておいた。やればできる。」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

<コリントの信徒への手紙一/15章 58節>
私の愛するきょうだいたち、こういうわけですから、しっかり立って、動かされることなく、いつも主の業に励みなさい。あなたがたは自分たちの労苦が、主にあって無駄でないことを知っているからです。

<ローマの信徒への手紙2章 6節>
神はおのおのの行いに従ってお報いになります。耐え忍んで善を行い、栄光と誉れと朽ちないものを求める者には、永遠の命をお与えになり、利己心に駆られ、真理ではなく不義に従う者には、怒りと憤りを下されます。
(聖書協会共同訳)

私たちが過去も未来も考えず、その時の自分の心、気分に合わせて行ない、神様の御心通りに生きなかったら、その行ない通りに受けて自分の永遠な運命が傾くようになります。
だから神様の御心通りに行なえるように祈り、自分の間違った心を切って、聖霊で、御言葉で心を治められるようにしなければなりません。自分の道も、自分の心も主に委ねて、主キリスト・イエスの心を自分の心に完全に溶かして、神様、主に属した人として自分を完全につくらなければなりません。
いつも神様と主の考え通りに聖霊の中で行なえば、肉体は一生、霊は永遠によくなり、自分の考え通りに行なったことより数十兆万倍もよくなります。
みんな神様の御心通りに生きたら、よくなるように予定しておかれました。よくなるように予定しておかなかったなら本当に大変なことになり、世の中すべてが失敗し、うまくいきませんでした。人々も、神様が予定しておかず、なるがままに生きるようにしたなら、絶対性がなくて、駄目になりました。
そして、各自が行なわなかったなら駄目になりました。逆境の中でも行ないながら来たから、現実に来ているのです。
「やればうまくいく!」と思ってやってみれば自信が生じます。自信がなくてもやってみればできます。世の中のみんなが「無理だ」と言っても自分の心、考え、意志さえ堅固であればよいのです。人間の心が「命の源」であり、心で運命が左右されます。
疎外感を感じ、憤りを感じるような目に遭っても、主に委ね、聖霊の中で全能者神様の御心に合わせて希望で治めることを願います。そうしてこそ天国が続きます。

2024年4月14日「預言と約束は時が来て時代が行なったとおりに成したのだ」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

2024年4月28日「1.ものごとの結果を知りなさい。行なったとおりになり、受ける。2. 私に学びなさい」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2022年10月16日「神様は力と御力だ(御言葉…

    イザヤ書 12章2節<見よ、神は私の救い/私は信頼して、恐れない。/主こそ…

  2. 2023年11月26日「あなたの信仰どおりに主に…

    <ヨハネによる福音書12章3~8節>その時、マリアが純粋で非常に高価なナル…

  3. 2024年1月7日「時代としるしを知りなさい」キ…

    <マタイによる福音書16章3節>朝には『朝焼けでどんよりしているから、今日…

  4. 2019年8月18日「毎日新婦の装いと生だ」キリ…

    ヨハネの黙示録21章1~7節/22節新婦は装わなければみっともない…

  5. 2019年9月15日「永遠の命とは唯一でいらっし…

    ヨハネによる福音書17章3~4節今日の御言葉をひと言で言うなら、神…

  6. 2021年12月26日「忠誠者よ、よくやった」キ…

    マタイによる福音書25章14-30節<「天の国は、ある人が旅に出るとき、僕…

  7. 2023年6月4日「御言葉を読む人は神様を見る人…

    <ヨハネによる福音書1章1-18節>初めに言があった。言は神と共にあった。…

  8. 2022年1月16日「喜んで走りなさい」キリスト…

    テサロニケの信徒への手紙一 5章16-8節<いつも喜んでいなさい。絶えず祈…

PAGE TOP