2022年7月31日「分かって、真実に祈って行なう時だ」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

ルカによる福音書 12章12節
<言うべきことは、聖霊がその時に教えてくださる。」>

マタイによる福音書 21章22節;26章41節
<信じて祈るならば、求めるものは何でも得られる。」>

マタイによる福音書 26章41節
<誘惑に陥らぬよう、目を覚まして祈っていなさい。心ははやっても、肉体は弱い。」>

(聖書協会共同訳)

今は御言葉を固く握って、自分を清くつくり、根本者神様を見上げて会う時です。
今は分かって、真実に祈るべき時です。
祈りは呼吸と同じです。
祈りは誰かに言われてするものではなく、自分が分かってしなければなりません。
祈りの重要性、必要性を分かってしなければなりません。

祈ってこそ、どう行なうべきか、感動で、悟りで教えてくださるし、方向も方法もくださるし、自分の問題も人生も分かるようになるし、自分の信仰も救いの次元も変わり、聖三位の働きかけも変わり、どうなるかが変わります。
祈りは神様に言うべきことを言うことです。

真実に祈らなければなりません。
そうすれば神様が真実に聞いてくださいます。
自分の信仰と命、家庭と歴史のために祈る時は、さらに真実に祈らなければなりません。
心と精神と肉体が弱い状態で祈ると、真実に祈ることができません。
目的を持って祈らなければなりません。

祈らなければつまずき、自分を点検できず、他のことに焦点を合わせるようになり、神様が見えなくなります。
問題ばかり見えるから、答えを見つけられません。
祈りは聖三位と一体にならせ、方向と流れを悟らせてくださいます。
祈ることで、一層聖三位と一体になる生を生きることを祝福します。

2022年7月31日「分かって、真実に祈って行なう時だ」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ
2022年7月31日「分かって、真実に祈って行なう時だ」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

2022年7月24日「負担になるやり方で神様に仕えるな」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

2022年8月7日「求め、捜し、門をたたきなさい。そうすればくださるだろう」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2020年6月14日「三位は貴重に使ってこそ貴重…

    マタイによる福音書25章21節/<主人は言った。『よくやった。良い忠実な僕…

  2. 2019年7月14日「神様が下さったもの、貴重に…

    テモテ第2の手紙 2章20~3節自分を磨いてつくったら貴重なところ…

  3. 2022年6月26日「人を貴重に見て悟りなさい」…

    エフェソの信徒への手紙1章18節<心の目が照らされ、神の招きによる希望がど…

  4. 2022年10月23日「点検しなさい」キリスト教…

    コリントの信徒への手紙二 7章2節<愛する人たち、私たちは、このような約束…

  5. 2020年6月21日「やる時にやりなさい」キリス…

    マタイによる福音書25章1-13節<「そこで、天の国は、十人のおとめがそれ…

  6. 2022年11月27日「前もって分かって行なって…

    ローマの信徒への手紙1章1-4節<キリスト・イエスの僕、使徒として召され、…

  7. 2021年10月31日「私があなたと共にするから…

    ヨシュア記1章7節<あなたはただ、大いに強く、雄々しくありなさい。私の僕モ…

  8. 2021年10月24日「約束した祈りの時間を守り…

    マタイによる福音書16章24-6節<それから、弟子たちに言われた。…

PAGE TOP