2024年4月14日「預言と約束は時が来て時代が行なったとおりに成したのだ」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

<ペテロの第二の手紙1章21節>
預言は決して人間の意志によってもたらされたのではなく、人々が聖霊に導かれて、神からの言葉を語ったものだからです。

<マタイによる福音書11章12~13節>
洗礼者ヨハネの時から今に至るまで、天の国は激しく攻められており、激しく攻める者がこれを奪い取っている。すべての預言者と律法が預言したのは、ヨハネの時までである。

<ローマ人への手紙1章2節>
この福音は、神が聖書の中で預言者を通してあらかじめ約束されたものであり
(聖書協会共同訳)

神様が将来のことを話した預言と約束も、どのように成すのかを知らなければ、自分の考えどおりにならないから、神様、聖書、歴史を誤解し、すべてを信じなくなります。だから学んで知ることが大きいです。
旧時代で預言、約束したことは、旧時代に該当することは旧時代に、新しい時代に該当することは新しい時代に成就しました。預言した内容が文字通りに成されなかったとしても、成就したのです。
いつどのように預言した内容であれ、新しい時代に実際に成されたとおりに判断して見るのです。違う時代に成される預言は、時代が発達して変わるから、預言した内容と完全に違う形で成されます。
神様は「比喩」で話され、「象徴」的に預言するようにさせました。比喩で預言したことが実際に成され、昔来ると言った人は現実に霊で来て、実際には肉を持っている人が成しました。時が来て神様が成し遂げたのに、以前の預言どおりに成されなかったから、人々はいまだに成されていないと言って待っています。
信じてついて行く人だけが分かって、その主人たちになり、肉も霊も祝福を受けます。悪評を言ったり不信したりする人は時代の盲人です。分かる時まで過去の主管圏で生きて、あらゆる苦痛と苦しみを受けます。
どのように預言したにしろ、時が来て成された現実で結論を出すものです。だからこの時代に成された事実をもって歴史に堅固について行かなければなりません。
すべてのことを全能者が主と行なわれるから、これからも神様の預言と約束を続けて堅固に信じて、もっと完全に行なって希望で成すみなさんになることを祝福します。

2024年4月7日「神様が許諾した祝福も行なってはじめて受ける」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

2024年4月21日 主日礼拝「よくなるように予定しておいた。やればできる。」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2022年8月28日「主はキリストで、神の子でい…

    マタイによる福音書 16章13-20節<イエスは、フィリポ・カイサリア地方…

  2. 2020年3月1日「神様が彼らの言葉を乱して地の…

    創世記11章1~9節今日の宗教は神様と言葉が合いません。言葉が合う…

  3. 2024年1月28日「感謝しなさい 知っている人…

    <詩篇49篇20節>人は栄華のうちにあっても、悟ることがなければ、滅び失せ…

  4. 2023年5月7日「絶対に神様の御心どおりに行な…

    ルカによる福音書22章42節「父よ、御心なら、この杯を私から取りのけてくだ…

  5. 2020年3月29日「ただ神様、聖霊様の御心通り…

    ローマ人への手紙8章27節<そして、人の心を探り知るかたは、御霊の思うとこ…

  6. 2023年8月6日「また、私に学びなさい」キリス…

    <ルカによる福音書11章37-41節>イエスが話し終えると、ファリサイ派の…

  7. 2023年4月30日「神様はいつの時代も遣わした…

    マタイによる福音書10章40節「あなたがたを受け入れる者は、私を受け入れ、…

  8. 2021年10月3日「誰が私たちを助けるのか。た…

    詩編121編1-8節<都に上る歌。/私は山々に向かって目を上げる。/私の助…

PAGE TOP