2019年12月22日「罪と罰/神様を信じないことが罪だ」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

マルコによる福音書16章16節
ローマ人への手紙1章17節

「不信仰の者は罪に定められる」と書かれています。
「罪に定める」というのは「罪人だと断言すること」です。
神様を信じないことが罪であり、その罪の代価を払わされるという意味です。
また「信仰による義人は生きる」という聖句を基にして、ルターが反旗を翻しました。
知らずに生きることがどれほど損をすることなのか、私たちは知らなければなりません。
神様を信じることは本当に大きいことです。全て自分のためです。
信じることで救われ、信じることで永遠な天国に行くようになります。
はっきり分かって正しく信じなければなりません。
神様を信じ愛して仕えて生きるなら、特別なことでなければ罪とみなしません。
信じて行なっているうちに犯したミスは、罪としてみなしません。
しかし、神様を信じないで罪を犯したら、信じないこと自体が罪なので、考慮する余地がありません。
信じるとしても、ちゃんと信じなければなりません。
神様を信じて生きていること、それが大きいのです。
ユダヤ教の人たちは、神様を信じたことは間違いではありませんでしたが、待っているメシヤがどのように来るのかを知らず、分からなくて失敗しました。
今は新婦の時代だから、どう愛するべきなのか、知らなければなりません。

2019年12月15日「聖霊と主の時代」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

2020年12日29日「よくやった。良い忠実な新婦よ。また働き、主の喜びに参加しよう。」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2019年7月28日「あなたは神様のものだ」キリ…

    ローマ人への手紙12章1~5節イザヤ書43章1節すべてが神様のもの…

  2. 2020年5月3日「研究し,努力して,易しくやろ…

    マタイによる福音書11章25-30節<そのときイエスは声をあげて言われた、…

  3. 2021年5月16日「仕事の生と楽しみ」キリスト…

    私たちが働く時、三位はただ見守られるだけでなく、共に働かれます。大変だった…

  4. 2021年4月18日「幼いからといって叱り、止め…

    ルカによる福音書18章15-7節<イエスに触れていただくために、人々は乳飲…

  5. 2021年9月12日「みんな共に、予定なさった御…

    ローマの信徒への手紙8章28節<神を愛する者たち、つまり、ご計画に従って召…

  6. 2020年11月1日「聖霊に従って行ないなさい」…

    ガラテヤの信徒への手紙5章16-8節<私は言います。霊によって歩みなさい。…

  7. 2022年3月20日「神様のその深い心情を知りな…

    神様の深い心情を知るためには、祈らなければなりません。私たちが祈るときや生…

  8. 2021年8月8日「清く瑕(きず)なくしなさい」…

    テサロニケの信徒への手紙一 5章23節<どうか、平和の神ご自身が、あなたが…

PAGE TOP