2021年7月11日「聖三位に感謝と愛の栄光を帰しなさい」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

テサロニケの信徒への手紙一5章12-23節
<きょうだいたち、あなたがたにお願いします。あなたがたの間で労苦し、主にあってあなたがたを導き、戒めている人々を重んじ、彼らの働きを思って、心から愛し敬いなさい。互いに平和に過ごしなさい。きょうだいたち、あなたがたに勧めます。秩序を乱す者を戒めなさい。気落ちしている者を励ましなさい。弱い者を助けなさい。すべての人に対して寛大でありなさい。誰も、悪をもって悪に報いることのないように気をつけなさい。互いに、またすべての人に対して、いつも善を行うよう努めなさい。いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。/これこそ、キリスト・イエスにおいて/神があなたがたに望んでおられることです。霊の火を消してはいけません。預言を軽んじてはいけません。すべてを吟味し、良いものを大切にしなさい。あらゆる悪から遠ざかりなさい。どうか、平和の神ご自身が、あなたがたを全く聖なる者としてくださいますように。また、あなたがたの霊と心と体とを完全に守り、私たちの主イエス・キリストが来られるとき、非の打ちどころのない者としてくださいますように。>

祈りは対話です。
絶えず祈ってこそ、聖三位との間も気まずくなりません。
信じずにはいられなくなるし、離れることはありません。
祈りは仕事です。
感謝して栄光を帰するべきことがあります。
それはとどまることをしなかったということです。
みんなが聖三位に感謝と愛の栄光を帰するべき時です。
感謝と愛が満ち溢れるのが、私たちの生きる姿勢です。
どんなに状況が悪くても、じっとしているべきではありません。
できることをしなければなりません。
霊と心と体が争ってはいけません。
信じる人の辞書には諦めという言葉はありません。
神様も主も諦める方ではないからです。

2021年7月4日「忠誠と知恵で用意しなさい」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

2021年7月18日「今すぐにみんながすべきこと」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2020年4月12日「知恵が一番だ」キリスト教福…

    箴言4章4~9節<父はわたしを教えて言った、「わたしの言葉を、心に留め、わ…

  2. 2021年1月17日「神様の時と期間」キリスト教…

    コヘレトの言葉(伝道の書)3章1-8節<天の下では、すべてに時機があり/す…

  3. 2019年5月19日「神様と聖霊様と主は約束通り…

    マタイによる福音書20章1~16節これは天国に関する比喩であり、信…

  4. 2021年8月1日「大きくできない時だから、小さ…

    マタイによる福音書25章21節<主人は言った。『よくやった。良い忠実な僕だ…

  5. 2020年8月9日「速く行ないなさい」キリスト教…

    歴代誌下35章21節<ネコは使者を送って言った。「ユダの王よ、私はあなたと…

  6. 2020年5月10日「実践の権勢と御力」キリスト…

    ルカによる福音書6章46-9節わたしを主よ、主よ、と呼びながら、なぜわたし…

  7. 2019年12月22日「罪と罰/神様を信じないこ…

    マルコによる福音書16章16節ローマ人への手紙1章17節「不信仰の…

  8. 2020年10月18日「絶対信仰はしるしの御働き…

    マタイによる福音書17章14-20節<一同が群衆のところへ来ると、ある人が…

PAGE TOP