2022年2月27日「聖霊の啓示なさることをまず分別しなさい」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

コリント信徒への手紙一 12章7-11節
<一人一人に霊の働きが現れるのは、全体の益となるためです。ある人には、霊によって知恵の言葉、ある人には同じ霊に応じて知識の言葉が与えられ、ある人には同じ霊によって信仰、ある人にはこの唯一の霊によって癒やしの賜物、ある人には奇跡を行う力、ある人には預言する力、ある人には霊を見分ける力、ある人には種々の異言を語る力、ある人には異言を解き明かす力が与えられています。しかし、これらすべてのことは、同じ一つの霊の働きであって、霊は望むままに、それを一人一人に分け与えてくださるのです。>(聖書協会共同訳)

三位が下さる賜物には知恵の御言葉、知識の御言葉、信仰の賜物、病気を癒す賜物、力あるわざを行なう賜物、預言の賜物、霊を分別する賜物、異言の賜物、異言を通訳する賜物があります。
自分がやろうとしていることについて、三位が願われる御心であるかどうか、まず分別しなければなりません。
生活の分別が誰にでも必要です。
分別できなければ損をします。
分別できないでやったら害を受けます。
必ず二つのことが来ます。
御言葉と祈りで分別しなければなりません。
確認してこそ、もっとよい分別ができます。
自ら見ても、聞いても、好きでも、分別ができません。
三位だけが分別できます。
祈れば啓示し、万物を通して見せ、似ているものを見せ、夢で見せ、それもそれと同じくそうだと話されるか、御言葉を通して悟らせてくださるから、御言葉を聞いて判断し分別しなければなりません。
知恵は判断と分別です。
分別して行なえば祝福と天国ですが、よい方に分別できずに行なえば後悔します。

20220227キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

2022年2月20日「働いてこそ神様も聖霊様も主も来て助け共になさる」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

2022年3月6日「全知全能なる神様であることをはっきり信じて愛しなさい」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2023年2月26日「御言葉と祈りの権勢」キリス…

    マタイによる福音書7章28-29節「イエスがこれらの言葉を語り終えられると…

  2. 2023年7月2日「『この時代、今』話される神様…

    マタイによる福音書13章16-17節「しかし、あなたがたの目は見ているから…

  3. 2022年3月20日「神様のその深い心情を知りな…

    神様の深い心情を知るためには、祈らなければなりません。私たちが祈るときや生…

  4. 2021年4月18日「幼いからといって叱り、止め…

    ルカによる福音書18章15-7節<イエスに触れていただくために、人々は乳飲…

  5. 2020年4月12日「知恵が一番だ」キリスト教福…

    箴言4章4~9節<父はわたしを教えて言った、「わたしの言葉を、心に留め、わ…

  6. 2021年11月28日「各自古いものをきれいに葬…

    ローマの信徒への手紙6章4節<私たちは、洗礼(バプテスマ)によってキリスト…

  7. 2020年12月27日「私エホバと聖霊は行なった…

    ヨハネの黙示録22章12-5節<見よ、私はすぐに来る。私は、報いを携えて来…

  8. 2021年7月25日「神様と聖霊様がくださった機…

    サムエル記上10章7節<これらのしるしがあなたの身に起こったら、ふさわしい…

PAGE TOP