2023年4月16日「エリヤの神様」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

<列王記上18章39~40節>
これを見た民は皆その前にひれ伏し、「主こそ神です。主こそ神です」と言った。エリヤが、「バアルの預言者たちを捕らえよ。一人も逃すな」と言ったので、民は彼らを皆捕らえた。エリヤは彼らをキションの渓谷に連れて行き、そこで彼らを残らず殺した。
(聖書協会共同訳)

神様を信じないアハブ王と偶像に仕える偽預言者たちが預言者エリヤに苦痛を与えるので、偽預言者850人とエリヤはそれぞれ自分が信じる神を呼び、供え物に火がついた方が真の神だと認めることにしました。結局、偶像の供え物に火はつかず、エリヤが祈るとその祭壇に火がついたので、すべての民に真の神はエリヤが信じるエホバ神様だということを分からせました。

時になれば、神様は悪を滅ぼし、恵みの御働きを行なわれます。恵みの御働きとは、苦難と苦痛にあえいでいた人たちの肉と魂と霊が、神様が働きかけることで生き返るということです。神様は、いつの時代でも必ず個人・民族・時代の悪をすべて滅ぼし、恵みの御働きが起こるようになさいます。

いつの時代も善と悪の戦いがありますが、神様は必ず悪を滅ぼし、神様を信じ仕える善の歴史の供え物を受け取ります。神様も聖霊様もイエス様も絶対にその切なる心情の祈りを聞かれ、行なってくださるので、苦しさや無念さを神様の前で一つ一つ話し告げなければなりません。

人々は悪によって甚だしい患難と困難に見舞われるとき、「神様は私を見捨てたのか?」と言って、落胆するようになりますが、三位とイエス様は絶対に私たちのことを見捨てることはありません。ただ神様だけが、私たちの神様になってくださり、過去私たちと共になさったように、今も、これからも共に行なってくださるので、最後まで行なって至る人になりましょう。

2023年4月9日「悔い改めは救いだ。命のために祈りなさい」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

2023年4月23日「1.私につまずくな 2.メシヤ・イエス様は時代が滅びるか栄えるかに関する誹謗のしるし」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2019年9月29日「才能通りに仕事を任せた人が…

    コリント人への第一の手紙12章18~28節みんな肢体です。全てが尊…

  2. 2020年8月9日「速く行ないなさい」キリスト教…

    歴代誌下35章21節<ネコは使者を送って言った。「ユダの王よ、私はあなたと…

  3. 2019年7月7日「神様の御心通りに、主の御心通…

    ヨハネによる福音書6章38~9節箴言19章21節御心というのは、神…

  4. 2021年5月16日「仕事の生と楽しみ」キリスト…

    私たちが働く時、三位はただ見守られるだけでなく、共に働かれます。大変だった…

  5. 2019年11月17日「神様も聖霊様も主も主のこ…

    ヨハネによる福音書5章36節/6章2節主を知ることは御言葉によって…

  6. 2022年12月25日「神様愛、イエス様愛のクリ…

    ルカによる福音書2章11-14節今日ダビデの町に、あなたがたのために救い主…

  7. 2021年7月18日「今すぐにみんながすべきこと…

    ルカによる福音書21章34節<「二日酔いや泥酔や生活の煩いで、心が鈍くなら…

  8. 2021年12月12日「何事も終わりが大事だ」キ…

    マタイによる福音書24章13節<しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる。>…

PAGE TOP