2023年12月17日「1.神様も行なってこそ成される。ましてや人間はどうだろうか 2.主を知らなければ苦痛だ。平和が壊れ、争いだ」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

<民数記15章41節>
私は、あなたがたの神となるために、あなたがたをエジプトの地から導き出したあなたがたの神、主である。私は主、あなたがたの神である。」

<ヤコブの手紙2章26節>
霊のない体が死んだものであるように、行いのない信仰もまた死んだものです。
(聖書協会共同訳)

神様は行なった分、成されるように法を定めておいたので、全知全能な神様でも、言葉、心で命じてこそ、行なってこそ成されます。ましてや肉体を持っている人間が行なわなければ、何も成されません。

神様の御言葉が一度宣布されたら、どんな患難、困難、無念さがあっても、義人たちが諦めずに行ないさえすれば、三位と主はその使命者を通して行なうようになさいます。

行なう信仰、実践信仰が生きている信仰です。やらずに成されることばかり願っても、成されません。行ないつつ生活の場で走らなければなりません。

イエス様の誕生の時、主を知らないから平和にならず、命を殺す戦場になりました。神様が遣わした救い人を知らなければ、いつの時代でも平和が壊れ、戦争です。

井戸端で出会ったサマリヤの女の人は、イエス様を一番先にメシヤだと分かって伝え、証しました。救い人を完全に分かってこそ、自分も完全に行なうようになります。救い人を絶対に信じてこそ、熱心に行なって勝利し、その人を通して喜びと祝福を受け、サタンと悪人に勝ち、三位と主の愛の対象になって、肉は一生、霊は永遠に生きます。

全能なる神様が必ずいつも共にしてくださるので絶対に栄えます。絶対に成さなければならないから、必ず成すようにしてくださいます。神様と主と聖霊の中で共に最後まで行ないつつ成さなければなりません。

2023年12月10日「1.絶対に神様の御心があってそのようにした 2.御心があるところに道がある」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

2023年12月24日「1.愛と平和のクリスマス 2.感謝します」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2023年2月19日「私はぶどうの木、あなたたち…

    ヨハネによる福音書15章1-7節「私はまことのぶどうの木、私の父は農夫であ…

  2. 2023年6月25日「人は考えで生きていく。考え…

    <マタイによる福音書17章24-27節>一行がカファルナウムに来たとき、神…

  3. 2022年3月13日「神様の天地創造の目的は愛の…

    祝福の根本は3つあります。一つ目は自分がこの世に生まれたことです。それ自体…

  4. 2021年4月18日「幼いからといって叱り、止め…

    ルカによる福音書18章15-7節<イエスに触れていただくために、人々は乳飲…

  5. 2020年4月12日「知恵が一番だ」キリスト教福…

    箴言4章4~9節<父はわたしを教えて言った、「わたしの言葉を、心に留め、わ…

  6. 2021年11月28日「各自古いものをきれいに葬…

    ローマの信徒への手紙6章4節<私たちは、洗礼(バプテスマ)によってキリスト…

  7. 2020年12月27日「私エホバと聖霊は行なった…

    ヨハネの黙示録22章12-5節<見よ、私はすぐに来る。私は、報いを携えて来…

  8. 2021年7月25日「神様と聖霊様がくださった機…

    サムエル記上10章7節<これらのしるしがあなたの身に起こったら、ふさわしい…

PAGE TOP