2023年12月10日「1.絶対に神様の御心があってそのようにした 2.御心があるところに道がある」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

<マタイによる福音書19章23節>
イエスは弟子たちに言われた。「よく言っておく。金持ちが天の国に入るのは難しい。

<ヨハネによる福音書14章8~10節>
フィリポが、「主よ、私たちに御父をお示しください。そうすれば満足します」と言うと、イエスは言われた。「フィリポ、こんなに長い間一緒にいるのに、私が分かっていないのか。私を見た者は、父を見たのだ。なぜ、『私たちに御父をお示しください』と言うのか。私が父の内におり、父が私の内におられることを、信じないのか。私があなたがたに言う言葉は、勝手に話しているのではない。父が私の内におり、その業を行っておられるのである。
(聖書協会共同訳)

人は楽であればあるほど、神様と救い人を呼び求めず、祈らず、信じなくなって、信仰生活をすることが難しくなります。楽なら、それを自分の栄光、喜び、天国だと思って生きるので、何をもっと望むでしょうか。

人は問題が生じてはじめて祈ります。困難と苦痛を受けるようになると、夜を明かして祈り、神様も救い人も捜し求めます。だから神様は人々の生活を苦しくさせてでも祈り、悟るようにさせ、神様を信じるようにさせて、永遠にお救いになります。

だから困難を受ける時、困難だけを見ないで、神様の御心を見なければなりません。苦労しても絶対に御心どおりにしてこそ、想像もできないしるしが起こります。御心のあるところに道があります。困難を受ける時、神様を一層呼び求め、祈って自分の体と心をつくってこそ成功します。

また、人々は神様を見たがります。見せてあげたら、見ることを中心にするので、神様は創世以来見せずにただ御言葉を下さり、その御言葉を行なうようにさせて、救いと御心を成す歴史を広げて来られました。

神様の御言葉を聞くことが神様を見ることです。だから御言葉に集中し、命のように思って聞かなければなりません。そうしてこそ、問題が解け、患難から助かって神様の御心を成し、私たちが祈ったとおりになるのです。

2023年12月3日「私の心は私に尋ねてみなさい」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

2023年12月17日「1.神様も行なってこそ成される。ましてや人間はどうだろうか 2.主を知らなければ苦痛だ。平和が壊れ、争いだ」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2023年11月12日「1.神様を研究しなさい …

    <イザヤ書45章11節>イスラエルの聖なる方、これを形造った方、主はこう言…

  2. 2021年4月4日「過ぎた日に神様と聖霊様と主が…

    申命記6章12-3節<エジプトの地、奴隷の家からあなたを導き出した主を忘れ…

  3. 2019年11月10日「愛でなければ目的を成すこ…

    ヨハネによる福音書14章21節ヨハネの黙示録2章4~5節神様がこの…

  4. 2023年4月2日「あなたがどこに行っても、私エ…

    ヨシュア記1章5~6節「あなたの命の続くかぎり、誰一人あなたの前に立ちはだ…

  5. 2020年6月28日「神様と聖霊様の知恵と啓示の…

    エペソ人への手紙1章17-9節<私たちの主イエス・キリストの神、栄光の父が…

  6. 2020年4月19日「自分の体も環境も毎日貴重に…

    創世記3章22~4節<主なる神は言われた、「見よ、人はわれわれのひとりのよ…

  7. 2020年11月15日「主が永遠な命の道だ」キリ…

    ヨハネによる福音書14章1-6節<「心を騒がせてはならない。神を信じ、また…

  8. 2022年4月17日「神様をどうして信じるのか分…

    ローマの信徒への手紙8章18節<思うに、今この時の苦しみは、将来私たちに現…

PAGE TOP