2021年4月4日「過ぎた日に神様と聖霊様と主が行なわれたことを忘れるな」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

申命記6章12-3節
<エジプトの地、奴隷の家からあなたを導き出した主を忘れないように注意しなさい。あなたの神、主を畏れ、主に仕え、その名によって誓いなさい。>

詩篇28篇5節
<彼らは主の働きと手の業を悟ろうとしません。/主は彼らを倒し、再び興すことはありません。>

詩篇50篇22節
<神を忘れた者よ、これをわきまえよ。/さもなければ、私はあなたを引き裂き/あなたを助け出す者はいない。>

人は自らを救うことはできません。
なぜなら、心と考えがあまりにも変わるからです。
過ぎた日に神様と聖霊様と主が行なわれたことを忘れて、現実に接するものに心が傾いて、徐々に変わっていきます。
だから自分の実力では救いを受けることができないということです。
人の心が変わりやすい原因があります。
神経で感じ、神経の塊である脳で感じます。
考えたら感覚がよみがえります。
だから過ぎた日に神様と聖霊様と主が行なわれたことを考えなさいということです。
忘れたら不平不満を言うようになります。
忘れないで生きる人は岩のような人です。
信仰の家を岩のような主の上に立てなければなりません。
変わらないからです。
変わることがないように自分をつくらなければなりません。
今はチャンスであり、いい時です。
変わらないのは聖三位と主だけです。
聖三位と主がして下さったことを忘れないで生きてこそ、喜びで生きるようになります。

2021年3月28日「主の名前で求めればどんなことでも私が行なおう」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

2021年4月11日「黄金天国の生」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2020年6月7日「命を守ってくださった全能なる…

    詩篇23篇4-6節<たとい、死の陰の谷を歩くことがあっても、私はわざわいを…

  2. 2021年12月26日「忠誠者よ、よくやった」キ…

    マタイによる福音書25章14-30節<「天の国は、ある人が旅に出るとき、僕…

  3. 2019年9月29日「才能通りに仕事を任せた人が…

    コリント人への第一の手紙12章18~28節みんな肢体です。全てが尊…

  4. 2020年5月31日「福音の始まり」キリスト教福…

    ルカによる福音書3章23節<イエスが宣教をはじめられたのは、年およそ三十歳…

  5. 2020年11月29日「解いてあげなさい」キリス…

    詩編71編1-9節<主よ、あなたのもとに逃れます。/私がとこしえに恥を/受…

  6. 2020年7月12日「主が解いてあげよう」キリス…

    ペテロ第二の手紙3章8-13節<愛する人たち、この一事を忘れてはなりません…

  7. 2020年10月18日「絶対信仰はしるしの御働き…

    マタイによる福音書17章14-20節<一同が群衆のところへ来ると、ある人が…

  8. 2021年3月21日「分別の知恵」キリスト教福音…

    コリントの信徒への手紙一12章8-11節<ある人には、霊によって知恵の言葉…

PAGE TOP