2020年12月6日「感謝と栄光」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

詩編100編1-5節
<賛歌。感謝の詩。/全地よ、主に向かって喜びの声を上げよ。喜びながら主に仕えよ。/喜び歌いつつその前に進み出よ。主こそ神と知れ。/主が私たちを造られた。私たちは主のもの。/主の民、その牧場の羊。感謝して主の門に進み/賛美しつつ主の庭に入れ。/主に感謝し、その名をほめたたえよ。主は恵み深く、主の慈しみはとこしえに。/そのまことは代々に及ぶ。>

詩編24編10節
<栄光の王とは誰か。/万軍の主、主こそ栄光の王。〔セラ>

テサロニケの信徒への手紙一5章18節
<どんなことにも感謝しなさい。/これこそ、キリスト・イエスにおいて/神があなたがたに望んでおられることです。>

ヨハネの黙示録14章7節
<大声で言った。「神を畏れ、神に栄光を帰しなさい。神の裁きの時が来た。天と地、海と水の源を創造した方を礼拝せよ。」>

1年間私たちを守り祝福して下さった聖三位に栄光を帰さなければなりません。
12月は特に聖三位に感謝と愛と栄光を帰して、2020年を締め括らなければなりません。
御言葉を聞くこと、伝えること、賛美して喜びで栄光を帰すること、祈ること、生活の中で三位を愛して仕えることは、必ずすべき使命です。
様々な祝福をして下さったことを真実に悟って感謝しなければなりません。
分かって悟って感謝と愛の心を捧げることが大きいです。
感謝るすることでまた得るようになり、もっと良い日を見るようになります。
感謝することで神様、聖霊様の近くに行って、愛を受けて生きるようになります。
感謝を忘れたら傲慢になり、三位も基本でだけ接するようになります。
感謝と栄光の生は恵みを忘れない生、肉も霊も栄えるようにする生、絶対にすべき責任であり使命です。
感謝と栄光を忘れたら、その位置に不平と不満、サタンが入ってきます。
感謝と栄光を帰して今年を締め括ることを祝福します。

2020年11月29日「解いてあげなさい」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

2020年12月13日「三位一体に感謝と栄光」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2020年8月23日「わたしがあなたを愛している…

    2020年8月23日 主日礼拝の御言葉主題:聖句:ヨハネの黙示録3章7-1…

  2. 2019年9月1日「完全に知るであろう」キリスト…

    コリント人への第一の手紙13章8~13節今いる位置から出て来る段階…

  3. 2021年2月28日「怠けずに聖霊と主と共に勤し…

    ローマの信徒への手紙12章11節<怠らず励み、霊に燃えて、主に仕えなさい。…

  4. 2019年10月6日「理想世界」キリスト教福音宣…

    イザヤ書43章19~21節神様は旧約4000年の歴史が終わる時まで…

  5. 2021年5月9日「最後までやってこそ目的を成し…

    マタイによる福音書24章13-4節<しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる。…

  6. 2019年12月22日「罪と罰/神様を信じないこ…

    マルコによる福音書16章16節ローマ人への手紙1章17節「不信仰の…

  7. 2021年9月19日「誰でも自分の肉的な矛盾を断…

    ローマの信徒への手紙8章6節<肉の思いは死であり、霊の思いは命と平和です。…

  8. 2019年5月5日「ひとつだけを考えて行うな」キ…

    マルコによる福音書8章33節ペテロは主のことを思って今日の本文のよ…

PAGE TOP