2020年6月28日「神様と聖霊様の知恵と啓示の精神」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

エペソ人への手紙1章17-9節
<私たちの主イエス・キリストの神、栄光の父が、あなたがたに知恵と啓示の霊を与えてくださいますように。そして、あなたがたが神を深く知ることができ、心の目が照らされ、神の招きによる希望がどのようなものか、聖なる者たちの受け継ぐものがどれほど豊かな栄光に輝いているか、また、私たち信じる者に力強く働く神の力が、どれほど大きなものかを悟ることができますように。>

啓示は神様が下さるものであり、どれほど大きいものなのかを知らなければならないと言いました。
見てなくても、行ってなくても、関係がないと思うことでももらっているものがあるから、感謝しなければなりません。
考えを広くしなければなりません。
状況を与えて下さることが大きいということです。
すべての人に恵みを与えて下さってこそ、私たちにも有益があります。
神様の人格を持って敬虔に生きなければなりません。
神様の恵み、啓示がどれほど大きいのかを知らなければなりません。
適切な精神を持っていない時には、啓示を下さいません。
神様を正しく教えた時、神様が栄光をお受けになります。
ほとんどのことは、自分がやった時に悟ります。
霊界に入って見ることもありますが、肉体が精神を引き締めれば、肉界(地上)のものを通して啓示を受けることができます。
肉界が見える霊界です。
精神を引き締めて、神様が下さる啓示を待ち、知恵でいつも導いて下さることを知らなければなりません。
精神が死んだらおしまいです。
夢の啓示をちゃんと受けられなければなりません。
しかし、夢の演出をよく解かなければならないので難しいです。
自分に関する啓示は自分が悟らなければなりません。
直接的、間接的に啓示が来ます。
占い師に訊くのではなく、神様に尋ねなければなりません。
聖書全体が特別啓示です。
啓示をたくさん下さるから、いつも準備できていなければなりません。
思い浮かぶようにして下さるので、自分の考えだと思ってしまいますが、それが啓示です。
知識の啓示も大きいものです。
に思う人には貴重に下さいます。
啓示の精神が満ちることを祝福します。

2020年6月21日「やる時にやりなさい」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

2020年7月5日「忘れずに愛して生きなさい」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2020年8月30日「契約としるし」キリスト教福…

    2020年8月30日 主日礼拝の御言葉主題:聖句:創世記9章12-6節<さ…

  2. 2019年9月1日「完全に知るであろう」キリスト…

    コリント人への第一の手紙13章8~13節今いる位置から出て来る段階…

  3. 2021年2月28日「怠けずに聖霊と主と共に勤し…

    ローマの信徒への手紙12章11節<怠らず励み、霊に燃えて、主に仕えなさい。…

  4. 2019年10月6日「理想世界」キリスト教福音宣…

    イザヤ書43章19~21節神様は旧約4000年の歴史が終わる時まで…

  5. 2021年5月9日「最後までやってこそ目的を成し…

    マタイによる福音書24章13-4節<しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる。…

  6. 2019年12月22日「罪と罰/神様を信じないこ…

    マルコによる福音書16章16節ローマ人への手紙1章17節「不信仰の…

  7. 2021年9月19日「誰でも自分の肉的な矛盾を断…

    ローマの信徒への手紙8章6節<肉の思いは死であり、霊の思いは命と平和です。…

  8. 2019年5月5日「ひとつだけを考えて行うな」キ…

    マルコによる福音書8章33節ペテロは主のことを思って今日の本文のよ…

PAGE TOP