2020年9月13日「個性通りに使命を与えて一緒に行なうようにしなさい」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

2020年9月13日 主日礼拝の御言葉主題:聖句:マタイによる福音書10章1-8<イエスは十二人の弟子を呼び寄せ、汚れた霊に対する権能をお授けになった。汚れた霊を追い出し、あらゆる病気や患いを癒やすためであった。十二使徒の名は次のとおりである。まずペトロと呼ばれるシモンとその兄弟アンデレ、ゼベダイの子ヤコブとその兄弟ヨハネ、フィリポとバルトロマイ、トマスと徴税人のマタイ、アルファイの子ヤコブとタダイ、熱心党のシモン、それにイエスを裏切ったイスカリオテのユダである。イエスはこの十二人を派遣するにあたり、次のように命じられた。「異邦人の道に行ってはならない。また、サマリア人の町に入ってはならない。イスラエルの家の失われた羊のところへ行きなさい。行って、『天の国は近づいた』と宣べ伝えなさい。病人を癒やし、死者を生き返らせ、規定の病を患っている人を清め、悪霊を追い出しなさい。ただで受けたのだから、ただで与えなさい。>イエス様も初めは一人でやっていましたが、人が集まってくるにつれ、徐々に仕事を任せるようになりました。聖書で肢体に譬えましたが、最高の比喩です。頭は主であり、教会の人たち全体が肢体です。たくさん練達して強くしてから仕事を任せなければなりません。努力もあるし、持っているものがそれぞれ違います。少しずつ使命を与えながら把握することです。説教を聞くとき、自分の経験と結び付けて聞かなければなりません。一人でやる習慣がつくと、人がいても一人でやります。信仰生活の中には、信仰だけを強調するのではなく、すべて入っています。度が過ぎるほど義、善ばかり行なっても死んでしまいます。任せるときは、きちんと教えなければなりません。小さいことでも分けて、力を合わせるべきです。任せたらできる人がたくさんいます。自分のすべきこと以外で任せるべきことはたくさんあります。神様の仕事だから、すべて貴重です。

2020年9月6日「自分の労苦通りに受ける」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

2020年9月20日「時になったから急いで刈り入れなさい」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2019年9月22日「聖霊様が導かれるとおりに行…

    ヨハネによる福音書14章26節/15章26節/16章13節私たちは…

  2. 2020年8月2日「天国とは」キリスト教福音宣教…

    マタイによる福音書13章24節<イエスは、別のたとえを彼らに示して言われた…

  3. 2019年6月30日「度が過ぎるほど行なうな」キ…

    伝道の書7章16~7節人は度が過ぎるほどやることがあります。「度が…

  4. 2021年5月23日「患難を経なければならない」…

    参考聖句:ヨハネの黙示録7章13-7節<すると、長老の一人が私に問いかけた…

  5. 2019年11月10日「愛でなければ目的を成すこ…

    ヨハネによる福音書14章21節ヨハネの黙示録2章4~5節神様がこの…

  6. 2023年1月1日「至りつつ宣教する年」 キリス…

    ダニエル書12章10-13節多くの人々が清められ、純白にされ、精錬される。…

  7. 2021年7月25日「神様と聖霊様がくださった機…

    サムエル記上10章7節<これらのしるしがあなたの身に起こったら、ふさわしい…

  8. 2021年12月19日「神様と聖霊様と御子に感謝…

    詩編136編1節<主に感謝せよ。まことに主は恵み深い。慈しみはとこしえに。…

PAGE TOP