2023年10月8日「再び肉も、魂も、霊も生まれ変わりなさい」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

<エゼキエル書37章1~6節>
主の手が私に臨んだ。主はその霊によって私を連れ出し、平野のただ中に私を置いた。そこには骨が満ちていた。主は私にその周囲を行き巡らせた。すると、その平野にはおびただしい骨があり、それは枯れ果てていた。主は私に言われた。「人の子よ、この骨は生き返ることができるか。」私は言った。「主なる神よ、あなたはご存じです。」主は私に言われた。「これらの骨に向かって預言し、彼らに言いなさい。枯れた骨よ、主の言葉を聞け。主なる神はこれらの骨にこう言われる。今、私はあなたがたの中に霊を吹き込む。するとあなたがたは生き返る。私はあなたがたの上に筋を付け、肉を生じさせ、皮膚で覆い、その中に霊を与える。するとあなたがたは生き返る。こうして、あなたがたは私が主であることを知るようになる。」

<ヨハネによる福音書3章3節>
イエスは答えて言われた。「よくよく言っておく。人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない。」
(聖書協会共同訳)

最初は新しい機械でも、長く使って寿命が来たら古くなり、ガラクタになるように、人々も長く使うと心も肉もガラクタのようになり、エゼキエルの谷の死んだ骨のようになります。

ガラクタはもう一度溶鉱炉に入れて熱い火で溶かして再生すれば新しいものになるように、人間も再生すれば肉も霊も新しいものになります。

神様が遣わした救い人は溶鉱炉と同じで、熱い火はこの時代の神様、聖霊、イエス様の御言葉と同じです。この御言葉を聞いて信じてこそ、鉄のような心が溶けて死んだ人が生まれ変わります。

主を信じ神様の御言葉を聞いてはじめて、肉も、魂も、霊も再生でき、救われて永遠に生きることができます。新しく生まれ変わってはじめて、神様、聖霊、イエス様の愛の対象になって、新婦として黄金天国に行けます。

今まで使って古いガラクタになったから、みんな新しく生まれ変わらなければなりません。みんなこの時代の溶鉱炉に入って、熱い火のような御言葉で溶けて、再びそれぞれの用途どおりにつくられて、この時代に使われなければなりません。

主神様の愛と御言葉で聖霊の中で生まれ変わって新しく復活することを祝福します。

2023年10月1日「神様の心と自分の心」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

2023年10月15日「1.聖霊様がすべきことと私がすべきこと 2.三位と主がすべきことと私たちがすべきこと」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2019年9月29日「才能通りに仕事を任せた人が…

    コリント人への第一の手紙12章18~28節みんな肢体です。全てが尊…

  2. 2020年8月9日「速く行ないなさい」キリスト教…

    歴代誌下35章21節<ネコは使者を送って言った。「ユダの王よ、私はあなたと…

  3. 2019年7月7日「神様の御心通りに、主の御心通…

    ヨハネによる福音書6章38~9節箴言19章21節御心というのは、神…

  4. 2021年5月16日「仕事の生と楽しみ」キリスト…

    私たちが働く時、三位はただ見守られるだけでなく、共に働かれます。大変だった…

  5. 2019年11月17日「神様も聖霊様も主も主のこ…

    ヨハネによる福音書5章36節/6章2節主を知ることは御言葉によって…

  6. 2022年12月25日「神様愛、イエス様愛のクリ…

    ルカによる福音書2章11-14節今日ダビデの町に、あなたがたのために救い主…

  7. 2021年7月18日「今すぐにみんながすべきこと…

    ルカによる福音書21章34節<「二日酔いや泥酔や生活の煩いで、心が鈍くなら…

  8. 2021年12月12日「何事も終わりが大事だ」キ…

    マタイによる福音書24章13節<しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる。>…

PAGE TOP