2020年1月19日「平和にする人,祝福を受ける人だ」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

マタイによる福音書5章9~12節

今日の本文は、イエス様が山に登って、弟子たちと従う人たちに説教なさった祝福の御言葉で、八福章、山上の垂訓と言われる箇所です。
文字通りの意味ではなく、霊的な意味があるから解釈できません。
しかし、その時代を見れば解くことができます。
「こころの貧しい人たちは、さいわいである、天国は彼らのものである。」
心霊が貧しい人たちを見て、あなたたちの方が幸いだとおっしゃったのです。
貧しい人たちが食べ物を探し求めるように、探し求めて主を見つけ、天国を見つけました。
「悲しんでいる人たちは、さいわいである、彼らは慰められるであろう。」
落胆するのではなく、主に切実に願い求め、話すことです。
そうすれば、主が神様に話して解いてあげることができます。
困難なことがある時、落胆しないで話して行いなさいということです。
疎外感を感じてはいけません。
「柔和な人たちは、さいわいである、彼らは地を受けつぐであろう。」
柔和とは善良で、柔らかく、優しく、高慢でなく、強くない性格のことです。
綺麗に磨かれた石が高価であるように、心が磨かれたら高価な人になります。
性格は生まれ付きのものもありますが、御言葉で磨き、作らなければなりません。
「平和をつくり出す人たちは、さいわいである、彼らは神の子と呼ばれるであろう。」
平和を壊した人たちは、残念な運命になって歴史を迎えることができませんでした。
いつも仲良くし、必ず平和にしなければなりません。
害を与えたら、相手も害をもって接します。
平和にする人だけが天の新婦です。
「義のために迫害されてきた人たちは、さいわいである、天国は彼らのものである。」
主のために迫害されても、寂しく思わないでください。
主にしがみついて打ち勝って、歴史を広げるようになったのです。
多くの患難、迫害に打ち勝ったので、神様が多くのものをくださいました。

2020年1月12日「神様と聖霊様と御子に、主と共に栄光を帰しなさい」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

2020年1月26日「初めの感謝と喜び愛を忘れずに毎日行おう」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2019年12月15日「聖霊と主の時代」キリスト…

    ヨハネによる福音書15章26節イザヤ書46章11節神様の救いの歴史…

  2. 2020年5月24日「根の深い信仰と演出」キリス…

    ヨハネによる福音書14章1-10節<「あなたがたは、心を騒がせないがよい。…

  3. 2020年5月3日「研究し,努力して,易しくやろ…

    マタイによる福音書11章25-30節<そのときイエスは声をあげて言われた、…

  4. 2020年10月18日「絶対信仰はしるしの御働き…

    マタイによる福音書17章14-20節<一同が群衆のところへ来ると、ある人が…

  5. 2021年6月20日「主と共に忍耐と祝福」キリス…

    ヨブ記23章10-4節<しかし、神は私と共にある道を知っている。/その方が…

  6. 2020年12月20日「メシヤを送った神様、聖霊…

    ルカによる福音書2章7-20節<初子の男子を産み、産着にくるんで飼い葉桶に…

  7. 2020年8月2日「天国とは」キリスト教福音宣教…

    マタイによる福音書13章24節<イエスは、別のたとえを彼らに示して言われた…

  8. 2020年10月4日「もらった使命を貴重に思って…

    2020年10月4日 主日礼拝の御言葉主題:/自分の命のような、もらった使…

PAGE TOP