2020年9月6日「自分の労苦通りに受ける」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

2020年9月6日 主日礼拝の御言葉主題:聖句:コリントの信徒への手紙一3章10-7節<私は、神からいただいた恵みによって、賢い建築家のように、土台を据えました。そして、他の人がその上に建物を建てています。ただ、おのおの、どのように建てるかに注意すべきです。イエス・キリストというすでに据えられている土台のほかに、誰も他の土台を据えることはできないからです。この土台の上に、誰かが金、銀、宝石、木、草、わらで家を建てるなら、おのおのの仕事は明るみに出されます。かの日にそれが明らかにされるのです。なぜなら、かの日が火と共に現れ、その火はおのおのの仕事がどんなものであるかを試すからです。誰かが建てた仕事が残れば、その人は報酬を受けますが、燃え尽きてしまえば、損害を受けます。ただ、その人は、火の中をくぐるようにして救われます。あなたがたは神の神殿であり、神の霊が自分の内に住んでいることを知らないのですか。神の神殿を壊す者がいれば、神はその人を滅ぼされます。神の神殿は聖なるものだからです。あなたがたはその神殿なのです。>信仰生活していない人たちも大変なことがたくさんあります。しかし、信仰を持っている人は、永遠なものを得ることができます。金、宝石のような信仰生活、愛、真実に行なう人には御働きがあります。健康も顧みなければなりません。信仰も健康もどれだけ管理したかによります。行なった通りに、労苦通りに受けます。公義の神様です。神様が数百通りに行なわれました。しっかりつくっておいたものは崩れません。労苦して、真心を込めてやろうということです。信仰を専攻にしなければなりません。これから労苦することも、もらうものもたくさんあります。労苦通りに祝福も害も受けます。立てた功績が大きい時、もらうものがあります。労苦と功績、両方とも必要です。金の家を建てるような信仰生活をすることを願います。

2020年8月30日「契約としるし」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

2020年9月13日「個性通りに使命を与えて一緒に行なうようにしなさい」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2020年12月13日「三位一体に感謝と栄光」キ…

    テサロニケの信徒への手紙一5章18節<どんなことにも感謝しなさい。/これこ…

  2. 2023年7月9日「ほかのことは考えるな。御心だ…

    ヨハネによる福音書6章38-40節私が天から降って来たのは、自分の意志を行…

  3. 2019年7月28日「あなたは神様のものだ」キリ…

    ローマ人への手紙12章1~5節イザヤ書43章1節すべてが神様のもの…

  4. 2019年12月22日「罪と罰/神様を信じないこ…

    マルコによる福音書16章16節ローマ人への手紙1章17節「不信仰の…

  5. 2019年4月28日「もっとよくやれば、もっとよ…

    マタイによる福音書7章6節/11~2節イエス様に無知な言葉で接し、…

  6. 2022年9月4日「最後まで耐える人は救いを得る…

    マタイによる福音書 10章22節<また、私の名のために、あなたがたはすべて…

  7. 2020年12月20日「メシヤを送った神様、聖霊…

    ルカによる福音書2章7-20節<初子の男子を産み、産着にくるんで飼い葉桶に…

  8. 2023年7月30日「ただ私に学びなさい」キリス…

    <マタイによる福音書11章28-30節>その時、イエスはこう言われた。「天…

PAGE TOP