2024年3月3日「1.過ぎて行く時間を貴重に使いなさい。2.聖書を解けなければその御言葉に縛られて生きる。」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

<エフェソの信徒への手紙5章16節>
時をよく用いなさい。今は悪い時代だからです。

<ルカによる福音書24章32節>
二人は互いに言った。「道々、聖書を説き明かしながら、お話しくださったとき、私たちの心は燃えていたではないか。」
(聖書協会共同訳)

その時に該当する時間を使わなければ消え去り、人生を使わなければ老いていくばかりです。だから過ぎて行く時間を貴重に使わなければなりません。イエス様は本当に時間を貴重に使って、時間さえあれば肉と霊の命を生かすために御言葉を伝えてあげました。

時間も存在物も御言葉も人もふさわしく使われるところに使われなければ、何の役にも立たず、価値がありません。自分が貴重に思って悟って行い使ってこそ、価値があり、有益なのです。自分のふさわしい使命どおりに時に従って自分を使うことができなければいけません。

聖書が解けない原因は、旧時代の時から聖書を文字どおりにだけ学んだからです。神様はいつも時に従って遣わした人を通して聖書と時代の問題を解いてくださいます。

その御言葉を信じて従った人は霊肉の自由を得て新しい時代で理想世界を成すようになったし、信じない人は問題に縛られたまま死亡圏で生きます。

神様とイエス様が時代の御言葉も問題も解いてくださるけれども、時になってこそ解いてくださいます。すべきことをしてこそ問題が解かれます。だからみんなはその時まで自分の仕事に忠誠を尽くして行なわなければなりません。

2024年2月25日「1.千年の婚宴の歴史だ。2.行なったとおりに報いよう。」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

2024年3月10日「人の心にすべて合わせてあげて生きることはできない」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2021年7月11日「聖三位に感謝と愛の栄光を帰…

    テサロニケの信徒への手紙一5章12-23節<きょうだいたち、あなたがたにお…

  2. 2020年11月22日「命を顧みなさい」キリスト…

    ヨハネによる福音書21章15-7節<食事が終わると、イエスはシモン・ペトロ…

  3. 2020年2月23日「額に神様の印を押されていな…

    ヨハネの黙示録9章4~6節印を押されていない人だけが災いを受けまし…

  4. 2023年7月23日「1.神様の愛する肉体が世の…

    <創世記6章1-18節(中略)>神の子らは、人の娘たちが美しいのを見て、そ…

  5. 2023年3月12日「主はキリストで、神の子でい…

    マタイによる福音書16章13-20節イエスは、フィリポ・カイサリア地方に行…

  6. 2022年1月2日「祈りと御言葉」キリスト教福音…

    ヨハネによる福音書1章14節/10章35節<ヨハネは、この方について証しを…

  7. 2021年9月5日「霊的で神霊な人」キリスト教福…

    マタイによる福音書22章37-40節<イエスは言われた。「『心を尽くし、魂…

  8. 2023年12月3日「私の心は私に尋ねてみなさい…

    <ヨハネ5章24~25節>よくよく言っておく。死んだ者が神の子の声を聞き、…

PAGE TOP