2024年2月25日「1.千年の婚宴の歴史だ。2.行なったとおりに報いよう。」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

<ヨハネによる福音書5章24~25節>
よくよく言っておく。私の言葉を聞いて、私をお遣わしになった方を信じる者は、永遠の命を得、また、裁きを受けることがなく、死から命へと移っている。よくよく言っておく。死んだ者が神の子の声を聞き、聞いた者が生きる時が来る。今がその時である。

<ヨハネの黙示録19章7~9節>
私たちは喜び、大いに喜び、神の栄光をたたえよう。小羊の婚礼の日が来て、花嫁は支度を整え、輝く清い上質の亜麻布を身にまとった。この上質の亜麻布とは聖なる者たちの正しい行いである。」それから、天使は私に、「書き記せ。小羊の婚礼の祝宴に招かれている者は幸いだ」と言い、また、「これらは、神の真実の言葉である」とも言った。

<ヨハネの黙示録22章12節>
見よ、私はすぐに来る。私は、報いを携えて来て、それぞれの行いに応じて報いる。
(聖書協会共同訳)

神様はいつもその時代に遣わした人を通して、約束なさった御心を成されます。イエス様も「私の言葉を聞いて私を遣わした方、神様を信じてこそ、しもべから抜け出して私と共に子の権勢を受ける」とおっしゃいました。

今もイエス様は霊で来られ、神様が遣わした人と一体になって救いの歴史を行ないます。だからその人の言葉を聞いて、神様を信じてこそ、子から抜け出して新婦の権勢を受け、千年歴史の新婦になって生きていきます。

今は神様の地球創造以来、宗教の救いの歴史以来、最高の理想世界です。神様、聖霊、御子を新郎として迎え、みんなが新婦になって生きる、最後の千年の婚宴の歴史です。

人は自分の行ないどおりに行なった分だけ肉も霊も見え、感じ、考えます。信仰も、霊的にも肉的にも次元を上げて成長すればするほど、もっと分かって、もっと感じるようになります。

心と考え、命の御言葉を絶対に守って、もっと努力し、祈り、義を行なって信仰を守り、自分の霊をもっと輝かせ、神様、聖霊、主の愛の対象にならせなければなりません。

全能なる神様が助け共にしてくださることを分かって、絶対に信仰を持って祈り、いつも感謝し、喜び、愛して生きるみなさんになることを願います。

2024年2月18日「1.完全な認識だ。完全な確認だ。2.罪と関係のない人になりなさい。」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

2024年3月3日「1.過ぎて行く時間を貴重に使いなさい。2.聖書を解けなければその御言葉に縛られて生きる。」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2021年7月11日「聖三位に感謝と愛の栄光を帰…

    テサロニケの信徒への手紙一5章12-23節<きょうだいたち、あなたがたにお…

  2. 2020年11月22日「命を顧みなさい」キリスト…

    ヨハネによる福音書21章15-7節<食事が終わると、イエスはシモン・ペトロ…

  3. 2020年2月23日「額に神様の印を押されていな…

    ヨハネの黙示録9章4~6節印を押されていない人だけが災いを受けまし…

  4. 2023年7月23日「1.神様の愛する肉体が世の…

    <創世記6章1-18節(中略)>神の子らは、人の娘たちが美しいのを見て、そ…

  5. 2023年3月12日「主はキリストで、神の子でい…

    マタイによる福音書16章13-20節イエスは、フィリポ・カイサリア地方に行…

  6. 2022年1月2日「祈りと御言葉」キリスト教福音…

    ヨハネによる福音書1章14節/10章35節<ヨハネは、この方について証しを…

  7. 2021年9月5日「霊的で神霊な人」キリスト教福…

    マタイによる福音書22章37-40節<イエスは言われた。「『心を尽くし、魂…

  8. 2023年12月3日「私の心は私に尋ねてみなさい…

    <ヨハネ5章24~25節>よくよく言っておく。死んだ者が神の子の声を聞き、…

PAGE TOP