2024年3月17日「1.解いてあげよう 2.神様がすべきこと、人間がすべきこと」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

<ヨハネによる福音書4章39節>
さて、町の多くのサマリア人は、「あの方は、私のしたことをすべて言い当てました」と証言した女の言葉によって、イエスを信じた。

<ローマ人への手紙1章28節>
彼らは神を知っていることに価値があると思わなかったので、神は、彼らを無価値な思いに渡され、そのため、彼らはしてはならないことをするようになりました。
(聖書協会共同訳)

人は生きていく中で自分、信仰、神様、メシヤ、時代に関する問題が生じますが、その問題を間違って考えて解けなければ、問題に縛られ、悩み、心と肉の苦痛を味わって死亡圏で生きます。

その問題を解いてこそ、自由になり、漸進します。各自努力し、研究することで解けるし、悔い改め、感謝、神様と兄弟を愛すること、該当することを行なうことで解けます。

問題の答えは、遣わされた人を通して悟らせてくださる場合もあるし、万物、人、聖書、夢の啓示、考え、主を通して悟らせてくださる場合もあります。

サマリアの女は主を分かって、肉的な救いの問題も、信仰的に気になっていたすべての問題も解けました。神様はいつの時代でも、救い人を通して御言葉を与え、主を信じついて行った人を解いてあげ、自由にさせて、新しい歴史の御心をお広げになります。

人は神様に関して研究せず分からなくて、自分がすべきことを無条件神様にすべて任せ、自分はやりません。だから苦労して生き、死ぬこともあり、救いも受けられず、永遠に地獄に行って生きるようになります。

神様、聖霊、御子、救い人は全人類が救われることを願って助けますが、本人が自分の救いの責任を果たさず、全く信じないか、信じている途中でやめたら、救われません。自分の主観、心、考えの主権が大きいです。救いだけではなく、すべてのことにおいてもそうです。

神様が全知全能でも限界があることを知らなければなりません。神様が助けてくださることばかり待つのではなく、自分がすべきことをしなければなりません。

神様は地球や天国で働かれるけれども、神様のことだけをなさいます。私たちも私たちの仕事を絶対にやらなければなりません。

2024年3月10日「人の心にすべて合わせてあげて生きることはできない」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

2024年3月24日「私によってつまずくな」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2020年12月13日「三位一体に感謝と栄光」キ…

    テサロニケの信徒への手紙一5章18節<どんなことにも感謝しなさい。/これこ…

  2. 2023年7月2日「『この時代、今』話される神様…

    マタイによる福音書13章16-17節「しかし、あなたがたの目は見ているから…

  3. 2019年8月4日「その実によって彼らを知るだろ…

    マタイによる福音書7章15~23節/25章33節人間を木にたとえて…

  4. 2020年12日29日「よくやった。良い忠実な新…

    マタイによる福音書25章23節イザヤ書41章10節本文に「良い忠実…

  5. 2019年5月5日「ひとつだけを考えて行うな」キ…

    マルコによる福音書8章33節ペテロは主のことを思って今日の本文のよ…

  6. 2022年8月28日「主はキリストで、神の子でい…

    マタイによる福音書 16章13-20節<イエスは、フィリポ・カイサリア地方…

  7. 2020年12月20日「メシヤを送った神様、聖霊…

    ルカによる福音書2章7-20節<初子の男子を産み、産着にくるんで飼い葉桶に…

  8. 2023年7月23日「1.神様の愛する肉体が世の…

    <創世記6章1-18節(中略)>神の子らは、人の娘たちが美しいのを見て、そ…

PAGE TOP