2024年5月19日「1.心の畑を肥沃な畑につくりなさい 2. 瑕なく行ないなさい」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

<マタイによる福音書13章3~9節>
イエスはたとえを用いて多くのことを語られた。「種を蒔く人が種蒔きに出て行った。蒔いている間に、ある種は道端に落ち、鳥が来て食べてしまった。ほかの種は、石だらけで土の少ない所に落ち、そこは土が浅いのですぐに芽を出した。しかし、日が昇ると焼けて、根がないために枯れてしまった。ほかの種は茨の上に落ち、茨が伸びてそれを塞いでしまった。ほかの種は良い土地に落ち、実を結んで、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍になった。耳のある者は聞きなさい。」
(聖書協会共同訳)

砂利の畑、茨の畑、雑草の畑、土の質が硬い畑のようなよくない心の畑だとしても、神様の御言葉通りに行なって続けてつくれば、よい肥沃な畑のような心になれます。神様は心がつくられた人を選んで、使命も祝福も与え、お使いになります。

神様と聖霊様は人間が願うものを祈っているだけでは下さいません。絶対に人間の心と行ないがつくられてはじめて与えてくださるので、自分の心と行ないを善良につくることです。 自分の「罪」、「癖」、「問題」、「弱点」をなくすために努力し、削り、切り、つくれば、楽に生きるようになります。

自分の体は自分の心に従って作動するので、心をまずはよくつくって、よく使わなければなりません。自分の心を学び、研究し、繰り返し行なって経験しながら有能に治めて使わなければなりません。

私たちは神様の創造目的を成して行なう愛の対象たちとして装い、瑕があってはならない新婦たちです。全知全能なる神様は人間を瑕なく創造なさったから、神様の目的のために自分の瑕をなくさなければなりません。瑕がなければ、神様は直ちに違う形で働きかけます。

人が瑕なく生きるとき輝き、その価値が天にまで上がり、行く道が栄えます。神様に対して絶対に愛の対象になって、ただ愛で心と思いと命を尽くして生きていくなら、肉体は一生、霊は永遠まで最高の生を生きた人なのです。

2024年5月12日「1.最高に信仰生活をよくする人 2.見よ、新しいものだ。新しい天と新しい地だ」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

2024年5月26日「神様のその心情、前々から必ず行なわれる」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2023年9月24日「私に学び、証しなさい!」キ…

    <ルカによる福音書16章27節~31節>金持ちは言った。『父よ、ではお願い…

  2. 2023年2月26日「御言葉と祈りの権勢」キリス…

    マタイによる福音書7章28-29節「イエスがこれらの言葉を語り終えられると…

  3. 2021年10月17日「神様は絶対存在者でいらっ…

    アモス書5章14節<善を求めよ、悪を求めるな/あなたがたが生きるために。/…

  4. 2019年6月23日「目的を成した生を生きなさい…

    箴言13章12節神様を信じ愛して生きる時、神様は働きかけてください…

  5. 2023年1月15日「悔い改めで至りなさい」 キ…

    エゼキエル書4章4~6節『あなたは左脇を下にして横たわり、イスラエルの家の…

  6. 2021年1月31日「御言葉と祈りで神様と聖霊様…

    エフェソの信徒への手紙6章10-9節<最後に、主にあって、その大いなる力に…

  7. 2019年9月8日「今は千年の婚宴の時だ」キリス…

    マタイによる福音書22章1節~14節今日の聖書の箇所は、イエス様が…

  8. 2022年10月30日「神様の愛ですべてに打ち勝…

    コリントの信徒への手紙一 13章13節<それゆえ、信仰と、希望と、…

PAGE TOP