2024年6月30日「地上で永遠な世界が左右される。神様と聖霊が毎日助ける」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

<ローマの信徒への手紙12章11節>
怠らず励み、霊に燃えて、主に仕えなさい。

<イザヤ書50章7~9節>
主なる神が私を助けてくださる。それゆえ、私は恥を受けることはない。それゆえ、私は顔を火打ち石のようにし、辱められないと知っている。私を義とする方が近くにおられる。誰が私と争えようか。我々は共に立とう。誰が私の裁き人か。私に近づくがよい。見よ、主なる神が私を助けてくださる。誰が私を罪に定められよう。見よ、彼らは皆、衣のように擦り切れ、虫が彼らを食い尽くす。

<詩篇121篇1~2節>
私は山々に向かって目を上げる。私の助けはどこから来るのか。私の助けは主のもとから天と地を造られた方のもとから。
(聖書協会共同訳)

地上で永遠な生、霊の運命が左右されます。肉体がこの世で神様を信じずに生きたら、霊が永遠に苦痛を受けて地獄で生きるようになるし、肉体が神様と主を信じ愛して御心を行なって生きたら、霊が天国に行って永遠に希望を成して生きるようになります。

この世で信じたとおりに霊が決まります。肉の救いを受けてのみ、霊の救いを受けます。地上で肉の体で蒔いて、天の天国の霊で刈り取って、永遠に生きるようになるのです。

この世で生きる間、各自苦労しても命の道へ初めから行くべきです。しばし楽をしようとして永遠の命の道を失い、肉が好むとおりに体質になって生きたら、永遠に地獄の苦痛を受けるようになります。 いつも現実と未来と御心のために、現在苦痛でも用意して生きるべきです。

神様と聖霊が随時助けるのに、どうして駄目なのかというと、自分の肉性で生きるから、助けることを知らないから、助けても自分の責任を果たさないから、助ける神様、聖霊様と一体にならないから、助けてもらって自分中心に生きるから、どのように助けるのか具体的に知らないから、です。

神様はすでにしてあげるべきことを、各自が行なったとおりに、すべてしてくださいました。現在も御心のために絶え間なく万物と使命者と行ないつつ助け、共になさることを信じて勤しんで行なわなければなりません。

2024年6月23日「1.神様はその都度与えるべきものをすべて与え御心をすべて成してこられた 2.分かってこそ通じる。行なってこそ目が開かれる」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

2024年7月7日「恵みと真理」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2020年5月17日「勤勉な人が得る」キリスト教…

    ローマ人への手紙12章8-13節<勧めをする者であれば勧め、寄附する者は惜…

  2. 2022年11月20日「絶対的な信仰、愛でこのよ…

    ヘブライ人への手紙 11章6節<信仰がなければ、神に喜ばれることはできませ…

  3. 2023年5月28日「1.パン種のように腐らせる…

    <マタイによる福音書16章5~12節>弟子たちは向こう岸に行ったが、パンを…

  4. 2019年9月8日「今は千年の婚宴の時だ」キリス…

    マタイによる福音書22章1節~14節今日の聖書の箇所は、イエス様が…

  5. 2024年2月25日「1.千年の婚宴の歴史だ。2…

    <ヨハネによる福音書5章24~25節>よくよく言っておく。私の言葉を聞いて…

  6. 2021年5月9日「最後までやってこそ目的を成し…

    マタイによる福音書24章13-4節<しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる。…

  7. 2022年2月20日「働いてこそ神様も聖霊様も主…

    ヨハネによる福音書 9章4節<私たちは、私をお遣わしになった方の業を、昼の…

  8. 2019年10月13日「速くやりなさい」キリスト…

    イザヤ書19章1節神様は速い雲に乗って行われます。イスラエルの人た…

PAGE TOP