2022年8月14日「その人を信じる人はみな滅びず、救いを得るだろう」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

ヨハネによる福音書 3章16-9節
<神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。御子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。神が御子を世に遣わされたのは、世を裁くためではなく、御子によって世が救われるためである。御子を信じる者は裁かれない。信じない者はすでに裁かれている。神の独り子の名を信じていないからである。光が世に来たのに、人々はその行いが悪いので、光よりも闇を愛した。それが、もう裁きになっている。>
(聖書協会共同訳)

この時代は聖書の御言葉と神様の御心を成す時です。
聖書を正しく読まなければなりません。
裁きが目的ではなく、救いが目的です。
神様が遣わしたひとり子を信じてこそ、滅びず救われます。
その人を通して話され行なわれるからです。
その人を通して神様を信じることで肉も霊も救われます。

救いには肉の救いと霊の救いがあります。
一度救われて終わるのではなく、その都度肉体も霊魂も救ってあげてこそ続けて生きることができます。
だから救いは続かなければなりません。
死ぬ瞬間が来るたびに救ってあげてこそ、生きていくようになります。
信じて生きれば、また救ってくださいます。

2022年8月14日「その人を信じる人はみな滅びず、救いを得るだろう」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ
2022年8月14日「その人を信じる人はみな滅びず、救いを得るだろう」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

2022年8月7日「求め、捜し、門をたたきなさい。そうすればくださるだろう」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

2022年8月21日「私はぶどうの木、あなたたちは枝だ」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2020年6月7日「命を守ってくださった全能なる…

    詩篇23篇4-6節<たとい、死の陰の谷を歩くことがあっても、私はわざわいを…

  2. 2021年12月19日「神様と聖霊様と御子に感謝…

    詩編136編1節<主に感謝せよ。まことに主は恵み深い。慈しみはとこしえに。…

  3. 2019年9月29日「才能通りに仕事を任せた人が…

    コリント人への第一の手紙12章18~28節みんな肢体です。全てが尊…

  4. 2020年5月31日「福音の始まり」キリスト教福…

    ルカによる福音書3章23節<イエスが宣教をはじめられたのは、年およそ三十歳…

  5. 2020年11月29日「解いてあげなさい」キリス…

    詩編71編1-9節<主よ、あなたのもとに逃れます。/私がとこしえに恥を/受…

  6. 2020年7月12日「主が解いてあげよう」キリス…

    ペテロ第二の手紙3章8-13節<愛する人たち、この一事を忘れてはなりません…

  7. 2020年10月18日「絶対信仰はしるしの御働き…

    マタイによる福音書17章14-20節<一同が群衆のところへ来ると、ある人が…

  8. 2021年3月21日「分別の知恵」キリスト教福音…

    コリントの信徒への手紙一12章8-11節<ある人には、霊によって知恵の言葉…

PAGE TOP