2022年8月21日「私はぶどうの木、あなたたちは枝だ」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

ヨハネによる福音書 15章1-7節
<「私はまことのぶどうの木、私の父は農夫である。私につながっている枝で実を結ばないものはみな、父が取り除き、実を結ぶものはみな、もっと豊かに実を結ぶように手入れをなさる。私が語った言葉によって、あなたがたはすでに清くなっている。私につながっていなさい。私もあなたがたにつながっている。ぶどうの枝が、木につながっていなければ、自分では実を結ぶことができないように、あなたがたも、私につながっていなければ、実を結ぶことができない。私はぶどうの木、あなたがたはその枝である。人が私につながっており、私もその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。私を離れては、あなたがたは何もできないからである。私につながっていない人がいれば、枝のように投げ捨てられて枯れる。そして、集められ、火に投げ入れられて焼かれてしまう。あなたがたが私につながっており、私の言葉があなたがたの内にとどまっているならば、望むものを何でも願いなさい。そうすればかなえられる。>
(聖書協会共同訳)

信仰でつながっていてこそ、ぶどうの木のように実を結びます。
ぶどうの木の実とは、清くすること、義、平和、忠誠、いつくしむこと、祈りと賛美、神様に栄光を帰すること、御言葉を行なうこと、困難と患難に打ち勝つこと、打ち勝って御心を見つけること、サタンを退かせること、聖三位と一体になること、

忍耐すること、舌を慎むこと、信仰を堅固に守ることです。
良い実をたくさん結ぶべき時です。
三位と離れないで、生きている枝になって、様々な良い実を結ばなければなりません。
良い行ない、義の行ないで良い実を結ぶことを祝福します。

御言葉が私たちの中に留まる時、三位と一つになることができます。
一つになってつながっていて、求める通りにもらうことを祝福します。
実を結ぶためには、一つにならなければなりません。
一つになれば、実をたくさん結ぶようになります。

2022年8月14日「その人を信じる人はみな滅びず、救いを得るだろう」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

2022年8月28日「主はキリストで、神の子でいらっしゃる」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2019年9月29日「才能通りに仕事を任せた人が…

    コリント人への第一の手紙12章18~28節みんな肢体です。全てが尊…

  2. 2020年8月9日「速く行ないなさい」キリスト教…

    歴代誌下35章21節<ネコは使者を送って言った。「ユダの王よ、私はあなたと…

  3. 2019年7月7日「神様の御心通りに、主の御心通…

    ヨハネによる福音書6章38~9節箴言19章21節御心というのは、神…

  4. 2021年5月16日「仕事の生と楽しみ」キリスト…

    私たちが働く時、三位はただ見守られるだけでなく、共に働かれます。大変だった…

  5. 2019年11月17日「神様も聖霊様も主も主のこ…

    ヨハネによる福音書5章36節/6章2節主を知ることは御言葉によって…

  6. 2023年1月1日「至りつつ宣教する年」 キリス…

    ダニエル書12章10-13節多くの人々が清められ、純白にされ、精錬される。…

  7. 2021年7月18日「今すぐにみんながすべきこと…

    ルカによる福音書21章34節<「二日酔いや泥酔や生活の煩いで、心が鈍くなら…

  8. 2021年12月12日「何事も終わりが大事だ」キ…

    マタイによる福音書24章13節<しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる。>…

PAGE TOP