2022年8月21日「私はぶどうの木、あなたたちは枝だ」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

ヨハネによる福音書 15章1-7節
<「私はまことのぶどうの木、私の父は農夫である。私につながっている枝で実を結ばないものはみな、父が取り除き、実を結ぶものはみな、もっと豊かに実を結ぶように手入れをなさる。私が語った言葉によって、あなたがたはすでに清くなっている。私につながっていなさい。私もあなたがたにつながっている。ぶどうの枝が、木につながっていなければ、自分では実を結ぶことができないように、あなたがたも、私につながっていなければ、実を結ぶことができない。私はぶどうの木、あなたがたはその枝である。人が私につながっており、私もその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。私を離れては、あなたがたは何もできないからである。私につながっていない人がいれば、枝のように投げ捨てられて枯れる。そして、集められ、火に投げ入れられて焼かれてしまう。あなたがたが私につながっており、私の言葉があなたがたの内にとどまっているならば、望むものを何でも願いなさい。そうすればかなえられる。>
(聖書協会共同訳)

信仰でつながっていてこそ、ぶどうの木のように実を結びます。
ぶどうの木の実とは、清くすること、義、平和、忠誠、いつくしむこと、祈りと賛美、神様に栄光を帰すること、御言葉を行なうこと、困難と患難に打ち勝つこと、打ち勝って御心を見つけること、サタンを退かせること、聖三位と一体になること、

忍耐すること、舌を慎むこと、信仰を堅固に守ることです。
良い実をたくさん結ぶべき時です。
三位と離れないで、生きている枝になって、様々な良い実を結ばなければなりません。
良い行ない、義の行ないで良い実を結ぶことを祝福します。

御言葉が私たちの中に留まる時、三位と一つになることができます。
一つになってつながっていて、求める通りにもらうことを祝福します。
実を結ぶためには、一つにならなければなりません。
一つになれば、実をたくさん結ぶようになります。

2022年8月14日「その人を信じる人はみな滅びず、救いを得るだろう」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

2022年8月28日「主はキリストで、神の子でいらっしゃる」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2020年11月29日「解いてあげなさい」キリス…

    詩編71編1-9節<主よ、あなたのもとに逃れます。/私がとこしえに恥を/受…

  2. 2020年7月26日「あなたの主管圏で捜しなさい…

    ルカによる福音書15章8-10節<「あるいは、ドラクメ銀貨を十枚持っている…

  3. 2021年6月13日「自ら気をつけなさい」キリス…

    ルカによる福音書21章34-6<「二日酔いや泥酔や生活の煩いで、心が鈍くな…

  4. 2021年6月27日「伝道しなさい」キリスト教福…

    マタイによる福音書4章18-22節<イエスは、ガリラヤ湖のほとりを歩いてお…

  5. 2019年11月24日「最後まで行なってこそ問題…

    ヨハネの黙示録2章26節ヤコブの手紙2章17節聖書の歴史を見ても、…

  6. 2020年3月22日「神様と聖霊様の御心とおりに…

    テモテへの第二の手紙2章21~6節「もし人が卑しいものを取り去って自分をき…

  7. 2019年8月25日「主にも、自分にも、どんな人…

    ルカによる福音書7章22~3節バプテスマのヨハネは道を備える人でし…

  8. 2019年9月22日「聖霊様が導かれるとおりに行…

    ヨハネによる福音書14章26節/15章26節/16章13節私たちは…

PAGE TOP