2020年4月26日「主の永遠の命の御言葉」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

ヨハネによる福音書1章14節
<そして言は肉体となり、わたしたちのうちに宿った。わたしたちはその栄光を見た。それは父のひとり子としての栄光であって、めぐみとまこととに満ちていた。>

ヨハネによる福音書6章67-9
<そこでイエスは十二弟子に言われた、「あなたがたも去ろうとするのか」。シモン・ペテロが答えた、「主よ、わたしたちは、だれのところに行きましょう。永遠の命の言をもっているのはあなたです。わたしたちは、あなたが神の聖者であることを信じ、また知っています」。>

詩篇119篇105節
<あなたのみ言葉はわが足のともしび、わが道の光です。>

ヨハネの黙示録19章12-3
<その目は燃える炎であり、その頭には多くの冠があった。また、彼以外にはだれも知らない名がその身にしるされていた。彼は血染めの衣をまとい、その名は「神の言」と呼ばれた。>

サタンはいつも神様と反対のことを主張し惑わします。
サタンに勝つためには、とにかく成長しなければなりません。
サタンは無知なので、サタンに属している人たちも無知です。
霊的な再臨なのに、肉が再び来るという考えを入れました。
知らない分だけサタンの主管を受けます。
神様の御言葉に聞き従う人が霊的な人です。
サタンは肉的なこととして認識させて、新しい歴史を受け継ぐことができないようにします。
命の御言葉を聞いて死から命へ出てくることが復活だと言いました。
信仰が生き返ることについて話されました。
聖書を比喩で、時代性で解く人が神霊な人です。
御言葉が火です。
まず火のような御言葉を宣布し、受け入れなければ鞭で打ちます。
実際の火で裁くこともあります。
ソドムの地は、言葉で言っても聞かなかったので火で裁かれました。
ある時は台風で、地震で、病気で裁きました。
聖書を必ず霊肉両面から見なければなりません。
ただ祈るのではなく、世の中で起こっていることをよく見て祈らなければなりません。
いそしんでたくさん学んで叫び伝える人になって下さい。
今は準備する期間です。
引き上げについて、三位一体について、御子についてなど、みんな伝えられるようにならなければなりません。

2020年4月19日「自分の体も環境も毎日貴重に使いなさい」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

2020年5月3日「研究し,努力して,易しくやろう」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2019年10月20日「心を新たに、生を新たにし…

    ローマ人への手紙12章1~2節主日というのは、神様に会う日です。準…

  2. 2020年3月22日「神様と聖霊様の御心とおりに…

    テモテへの第二の手紙2章21~6節「もし人が卑しいものを取り去って自分をき…

  3. 2019年7月28日「あなたは神様のものだ」キリ…

    ローマ人への手紙12章1~5節イザヤ書43章1節すべてが神様のもの…

  4. 2020年5月31日「福音の始まり」キリスト教福…

    ルカによる福音書3章23節<イエスが宣教をはじめられたのは、年およそ三十歳…

  5. 2022年6月12日「神様と聖霊様に感謝、愛、栄…

    フィリピの信徒への手紙4章6節<何事も思い煩ってはなりません。どんな場合に…

  6. 2020年2月16日「復活の喜び」キリスト教福音…

    マタイによる福音書29章1~9節ヨハネの黙示録2章10節人生で大き…

  7. 2019年11月10日「愛でなければ目的を成すこ…

    ヨハネによる福音書14章21節ヨハネの黙示録2章4~5節神様がこの…

  8. 2020年7月12日「主が解いてあげよう」キリス…

    ペテロ第二の手紙3章8-13節<愛する人たち、この一事を忘れてはなりません…

PAGE TOP