2023年5月28日「1.パン種のように腐らせる人たちの話を聞くな。2.御言葉を聞いて、話した人の言わんとしていることを知りなさい。」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

<マタイによる福音書16章5~12節>
弟子たちは向こう岸に行ったが、パンを持って来るのを忘れた。イエスは彼らに、「ファリサイ派とサドカイ派の人々のパン種に十分注意しなさい」と言われた。弟子たちは、「我々はパンを持って来なかった」と言って、互いに議論していた。イエスはそれに気付いて言われた。「信仰の薄い者たちよ。なぜ、パンを持っていないことで議論しているのか。まだ、分からないのか。覚えていないのか。五つのパンを五千人に分け、なお幾つの籠に集めたか。また、七つのパンを四千人に分け、なお幾つの籠に集めたか。パンについて言ったのではないことが、どうして分からないのか。ファリサイ派とサドカイ派の人々のパン種に注意しなさい。」その時、弟子たちは、イエスが注意を促されたのは、パン種のことではなく、ファリサイ派とサドカイ派の人々の教えのことだと悟った。

(聖書協会共同訳)

聖書の中でイエス様はいつも「私の言葉は命のパンだ。」とおっしゃり、食べるパンについて議論している弟子たちに「五千人、四千人が集まったときに食べさせたパンは御言葉のパンで、ファリサイ人とサドカイ人の教えをパン種に喩えて話した。」とおっしゃいました。イエス様は「ファリサイ人とサドカイ人の間違った教えが命を腐らせ、死なせるから騙されるな。」と教えてくださったのです。

今の時代も、ファリサイ人やサドカイ人のように信仰が変質して間違ったことを教える人たち、形式とうわべだけで信仰生活をしている人たちの教訓と主張を学んだら、早速パン種と一緒に心が腐り、信仰が死んでしまいます。

御言葉を聞いても悟れない人は、考えも分別も鈍い人たちです。御言葉の言わんとしていることが正しく分かってこそ、非真理を教える人たちに騙されず、信仰が腐らなくなります。信仰が腐って変質したら、死亡圏の霊になり、霊が永遠に悔しいと嘆いて苦しむようになります。

どんなことがあっても、変質してはいけません。パン種を受け入れたら、生き生きとしていた人たちが腐ってしまいます。分別し、避けて、切って、自分の信仰を守って、正しく行いましょう。

2023年5月21日「神様の目的を最優先にして生きなさい」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

2023年6月4日「御言葉を読む人は神様を見る人だ」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2021年7月11日「聖三位に感謝と愛の栄光を帰…

    テサロニケの信徒への手紙一5章12-23節<きょうだいたち、あなたがたにお…

  2. 2020年11月22日「命を顧みなさい」キリスト…

    ヨハネによる福音書21章15-7節<食事が終わると、イエスはシモン・ペトロ…

  3. 2020年2月23日「額に神様の印を押されていな…

    ヨハネの黙示録9章4~6節印を押されていない人だけが災いを受けまし…

  4. 2023年7月30日「ただ私に学びなさい」キリス…

    <マタイによる福音書11章28-30節>その時、イエスはこう言われた。「天…

  5. 2023年3月12日「主はキリストで、神の子でい…

    マタイによる福音書16章13-20節イエスは、フィリポ・カイサリア地方に行…

  6. 2022年1月2日「祈りと御言葉」キリスト教福音…

    ヨハネによる福音書1章14節/10章35節<ヨハネは、この方について証しを…

  7. 2021年9月5日「霊的で神霊な人」キリスト教福…

    マタイによる福音書22章37-40節<イエスは言われた。「『心を尽くし、魂…

  8. 2023年12月10日「1.絶対に神様の御心があ…

    <マタイによる福音書19章23節>イエスは弟子たちに言われた。「よく言って…

PAGE TOP