2020年11月22日「命を顧みなさい」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

ヨハネによる福音書21章15-7節
<食事が終わると、イエスはシモン・ペトロに、「ヨハネの子シモン、あなたはこの人たち以上に私を愛しているか」と言われた。ペトロが、「はい、主よ、私があなたを愛していることは、あなたがご存じです」と言うと、イエスは、「私の小羊を飼いなさい」と言われた。二度目にイエスは言われた。「ヨハネの子シモン、私を愛しているか。」ペトロが、「はい、主よ、私があなたを愛していることは、あなたがご存じです」と言うと、イエスは、「私の羊の世話をしなさい」と言われた。三度目にイエスは言われた。「ヨハネの子シモン、私を愛しているか。」ペトロは、イエスが三度目も、「私を愛しているか」と言われたので、悲しくなった。そして言った。「主よ、あなたは何もかもご存じです。私があなたを愛していることを、あなたはよく知っておられます。」イエスは言われた。「私の羊を飼いなさい。>

どうして「私の羊を飼いなさい」とおっしゃったでしょうか。
これはイエス様が亡くなられたので、主を真実に愛する人を体にして、救いの仕事を任せなければならないからです。
今も、主を愛する人に、時代を証するようにさせ、命たちを顧み育てる仕事を任せます。
主を真実に愛さない人は、救いの仕事をしないし、御言葉を伝えないし、命たちを顧み育てることをしません。
主を真実に愛する人は、主ばかり見て、自分だけが主と飲み食いすることをしません。
霊的に、肉的に、真実に愛するなら、主と共に救いの仕事を一緒にしようということです。
命を顧みることも、時を逃したら労苦が無駄になります。
持続的に、定期的にやらなければなりません。
選んで顧みてはいけません。
満遍なく顧みて、御言葉を伝えて、救われるようにしてあげ、天の愛する人にしてあげなければなりません。
今年が終わる前に、自分の位置で最高に行なうことを願います。

2020年11月15日「主が永遠な命の道だ」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

2020年11月29日「解いてあげなさい」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2021年12月26日「忠誠者よ、よくやった」キ…

    マタイによる福音書25章14-30節<「天の国は、ある人が旅に出るとき、僕…

  2. 2020年7月12日「主が解いてあげよう」キリス…

    ペテロ第二の手紙3章8-13節<愛する人たち、この一事を忘れてはなりません…

  3. 2021年6月20日「主と共に忍耐と祝福」キリス…

    ヨブ記23章10-4節<しかし、神は私と共にある道を知っている。/その方が…

  4. 2022年9月4日「最後まで耐える人は救いを得る…

    マタイによる福音書 10章22節<また、私の名のために、あなたがたはすべて…

  5. 2022年2月20日「働いてこそ神様も聖霊様も主…

    ヨハネによる福音書 9章4節<私たちは、私をお遣わしになった方の業を、昼の…

  6. 2020年5月17日「勤勉な人が得る」キリスト教…

    ローマ人への手紙12章8-13節<勧めをする者であれば勧め、寄附する者は惜…

  7. 2020年4月5日「いつも感謝しなさい」キリスト…

    テサロニケ人への第一の手紙5章16~8節<いつも喜んでいなさい。絶えず祈り…

  8. 2021年11月7日「エホバは私の力で、御力でい…

    ゼカリヤ書12章8節<その日、主はエルサレムの住民を守られる。その日、彼ら…

PAGE TOP