2024年6月16日「1.生きている人と一体になってこそ生きている人だ 2.裂く神様の歴史だ」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

<マタイによる福音書19章16~17節>
すると、一人の人がイエスに近寄って来て言った。「先生、永遠の命を得るには、どんな善いことをすればよいのでしょうか。」イエスは言われた。「なぜ、善いことについて、私に尋ねるのか。善い方はおひとりである。命に入りたいと思うなら、戒めを守りなさい。」

<ヨハネによる福音書15章4節>
私につながっていなさい。私もあなたがたにつながっている。ぶどうの枝が、木につながっていなければ、自分では実を結ぶことができないように、あなたがたも、私につながっていなければ、実を結ぶことができない。
(聖書協会共同訳)

全能で永遠なる神様を信じて生きることが善で、そのほかは肉に属した善、世の中に属した善です。永遠なる神様を信じ、その御言葉どおりに行なって生きたなら、肉体は一生貴重に使われ、霊にも永遠な義として残ります。

救いは神様がただ救い人を通して行なわれて、成すようになります。生きている人と一体になってこそ、生きている人です。生きている人のエキス、すなわち御言葉を吸い込んでこそ、生きている人です。だから、いつも一体になって、その御心を成さなければなりません。

神様は義を秤にかけて、天の側の基準に満たなければ裂いてしまいます。神様は裂いてご覧になり、各自行なった義と功績どおりに救いも与えるので、私たちはもっと行わなければなりません。

考えがすべての生を左右しますが、人間は完全でないから、御言葉を通して神様、聖霊、御子の考え、御心を学び、一体になるようにして行なうべきです。各自祈れば悟るようにしてくださいます。信仰の成功が生の成功、経済の成功です。

よくできる人に従ってやってこそよくできるようになり、成功した人について行ってこそ成功するように、成功した歴史について行ってこそ成功するのです。

2024年6月9日「私があなたと共にするからあなたも一緒に必ず行ないなさい。そうすべきだ」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

2024年6月23日「1.神様はその都度与えるべきものをすべて与え御心をすべて成してこられた 2.分かってこそ通じる。行なってこそ目が開かれる」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2020年12月20日「メシヤを送った神様、聖霊…

    ルカによる福音書2章7-20節<初子の男子を産み、産着にくるんで飼い葉桶に…

  2. 2023年3月26日「義人は信仰によって生きる」…

    ヨハネによる福音書4章24節神は霊である。だから、神を礼拝する者は、霊と真…

  3. 2023年6月11日「1.神様と聖霊様とイエス様…

    <マタイによる福音書7章7-8節>求めなさい。そうすれば、与えられる。探し…

  4. 2023年8月20日「1.今日も私に学びなさい …

    <マタイによる福音書5章48節>『だから、あなたがたは、天の父が完全であら…

  5. 2020年12日29日「よくやった。良い忠実な新…

    マタイによる福音書25章23節イザヤ書41章10節本文に「良い忠実…

  6. 2019年8月25日「主にも、自分にも、どんな人…

    ルカによる福音書7章22~3節バプテスマのヨハネは道を備える人でし…

  7. 2019年7月28日「あなたは神様のものだ」キリ…

    ローマ人への手紙12章1~5節イザヤ書43章1節すべてが神様のもの…

  8. 2024年3月31日「イエス様の霊の復活と霊の再…

    <ルカによる福音書24章3~7節>中に入っても、主イエスの遺体が見当たらな…

PAGE TOP