2021年2月14日「主を信じてこそ生きる」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

マタイによる福音書8章5-13節
<さて、イエスがカファルナウムに入られると、一人の百人隊長が近寄り、懇願して、「主よ、私の子が麻痺を起こし、家で倒れてひどく苦しんでいます」と言った。そこでイエスは、「私が行って癒やしてあげよう」と言われた。すると、百人隊長は答えた。「主よ、私はあなたをわが家にお迎えできるような者ではありません。ただ、お言葉をください。そうすれば、私の子は癒やされます。私も権威の下にある人間ですが、私の下には兵隊がおり、一人に『行け』と言えば行きますし、他の一人に『来い』と言えば来ます。また、僕に『これをしろ』と言えば、そのとおりにします。」イエスはこれを聞いて驚き、付いて来た人々に言われた。「よく言っておく。イスラエルの中でさえ、これほどの信仰は見たことがない。言っておくが、東から西から大勢の人が来て、天の国でアブラハム、イサク、ヤコブと一緒に宴会の席に着く。しかし、御国の子らは、外の暗闇に放り出され、そこで泣きわめいて歯ぎしりするだろう。」そして、百人隊長に言われた。「行きなさい。あなたが信じたとおりになるように。」ちょうどその時、その子は癒やされた。>

主人でなければ聖書を解くことはできません。
御言葉で、御言葉を成すことによって見せます。
どんな噂を信じるかによって運命が左右します。
イエス様の当時は極々少数の人たちが信じて従いました。
一度でも正しく見るべきでした。
はっきり分かってついて行かなければなりません。
主の御言葉を聞くことで信仰が生じるようになります。
御言葉が最も強力な武器です。
百人隊長のような絶対的な信仰が必要です。
信仰が揺れる人は、本当に分かっていない人です。
御言葉と行ないを見て判断することを願います。
証する時に力が来ます。
信じてこそしるしが起こります。

2021年2月7日「失われた羊を捜しなさい」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

2021年2月21日「立ち上がれ 光を放て」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2020年6月7日「命を守ってくださった全能なる…

    詩篇23篇4-6節<たとい、死の陰の谷を歩くことがあっても、私はわざわいを…

  2. 2021年12月26日「忠誠者よ、よくやった」キ…

    マタイによる福音書25章14-30節<「天の国は、ある人が旅に出るとき、僕…

  3. 2019年9月29日「才能通りに仕事を任せた人が…

    コリント人への第一の手紙12章18~28節みんな肢体です。全てが尊…

  4. 2020年5月31日「福音の始まり」キリスト教福…

    ルカによる福音書3章23節<イエスが宣教をはじめられたのは、年およそ三十歳…

  5. 2020年11月29日「解いてあげなさい」キリス…

    詩編71編1-9節<主よ、あなたのもとに逃れます。/私がとこしえに恥を/受…

  6. 2020年7月12日「主が解いてあげよう」キリス…

    ペテロ第二の手紙3章8-13節<愛する人たち、この一事を忘れてはなりません…

  7. 2020年10月18日「絶対信仰はしるしの御働き…

    マタイによる福音書17章14-20節<一同が群衆のところへ来ると、ある人が…

  8. 2021年3月28日「主の名前で求めればどんなこ…

    ヨハネによる福音書14章6-14節<イエスは言われた。「私は道であり、真理…

PAGE TOP