2022年9月11日「祈りは仕事だ」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

マルコによる福音書 9章23-9節
<イエスは言われた。「『もしできるなら』と言うのか。信じる者には何でもできる。」その子の父親はすぐに叫んだ。「信じます。信仰のない私をお助けください。」イエスは、群衆が走り寄って来るのを見ると、汚れた霊をお叱りになった。「ものを言わせず、耳も聞こえさせない霊。私の命令だ。この子から出て行け。二度と入って来るな。」すると、霊は叫び声を上げ、ひどく痙攣を起こさせて出て行った。その子は死人のようになったので、多くの者が、「死んでしまった」と言った。しかし、イエスが手を取って起こされると、立ち上がった。イエスが家に入られると、弟子たちはひそかに、「なぜ、私たちはあの霊を追い出せなかったのでしょうか」と尋ねた。イエスは、「この種のものは、祈りによらなければ追い出すことはできないのだ」と言われた。>

マルコによる福音書 11章24節
<だから、言っておく。祈り求めるものはすべて、すでに得られたと信じなさい。そうすれば、そのとおりになる。>

詩編 4編1節
<わが義の神よ/呼びかけに答えてください。/あなたは私を苦しみから/解き放ってくださいました。/私を憐れみ、祈りを聞いてください。(聖書協会共同訳では2節)>
(聖書協会共同訳)

イエス様が悪霊を追い出せたのは、救い人であり、祈ったからであり、使命の力と権勢でできました。
使命者は知っているからその仕事ができます。
祈りは仕事で、働くことと同じです。
だから、何かすべきことを前にして、祈ることは働く時間とみなさなければなりません。

直接すべきことに関わることができない時は、神様に祈れば、使命者を通して、または状況を変えて、または神様が直接してくださいます。
多くの仕事をするためには多くの時間が必要であるように、多くのことを解決するためには多くの祈りが必要です。
仕事をする時は集中してやってこそできます。

必ず責任分担と祈りという仕事をしなければなりません。
祈る時、最も必要なのは切実さと真実さです。
心と思いと命を尽くして祈らなければなりません。
切実に、真実に祈ったことだけが完全に成されます。
聖書の人物は皆たくさん祈りました。
必ず最後まで祈らなければなりません。

祈ることを忘れてはいけません。
涙の祈り、心と思いと命を尽くして祈れば、ふさわしいことは神様がすぐにしてくださいます。
祈りは問題を解決する最高の答えです。
時間を決めて祈らなければなりません。
毎日祈って生きる、祈りの人になることを祝福します。

2022年9月4日「最後まで耐える人は救いを得るだろう」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

2022年9月18日「迎え入れる人」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2022年8月28日「主はキリストで、神の子でい…

    マタイによる福音書 16章13-20節<イエスは、フィリポ・カイサリア地方…

  2. 2020年3月1日「神様が彼らの言葉を乱して地の…

    創世記11章1~9節今日の宗教は神様と言葉が合いません。言葉が合う…

  3. 2024年2月4日「行なうとおりに善には善、悪に…

    <ヨハネの黙示録2章10節>あなたは、受けようとしている苦難を決して恐れて…

  4. 2023年5月14日「絶対に信仰を命のように思い…

    <マタイ8章23-27節>イエスが舟に乗り込まれると、弟子たちも従った。す…

  5. 2020年3月29日「ただ神様、聖霊様の御心通り…

    ローマ人への手紙8章27節<そして、人の心を探り知るかたは、御霊の思うとこ…

  6. 2023年8月13日「私に尋ね、私に学びなさい」…

    マタイによる福音書11章28-30節すべて重荷を負って苦労している者は、私…

  7. 2023年5月7日「絶対に神様の御心どおりに行な…

    ルカによる福音書22章42節「父よ、御心なら、この杯を私から取りのけてくだ…

  8. 2021年10月3日「誰が私たちを助けるのか。た…

    詩編121編1-8節<都に上る歌。/私は山々に向かって目を上げる。/私の助…

PAGE TOP