2023年7月16日「すべき時にすべき歴史を行なう神様」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

マタイによる福音書16章3節
朝には『朝焼けでどんよりしているから、今日は嵐だ』と言う。このように空模様を見分けることは知っているのに、時のしるしは見分けることができないのか。
(聖書協会共同訳)

イエス様は「あなたたちは季節や天気を見分けながら、どうして神様の時が来て遣わした人を通して歴史を行なっていることが分からないのか」とおっしゃいました。

神様は時になれば、天地と人間を創造なさった目的と御心を1日も遅れずに行なわれます。歴史は絶対にとどまることもなく、延長もありません。

神様はいつも時代に一人の人を選び、その人を遣わして御言葉を伝え、歴史を広げて来られました。その御言葉を聞いて信じ従った人は分かって参加したけれども、いつも一番待っていた人たちが遣わされた人を排斥し、参加できませんでした。

この時代にも神様はすべきことは既にすべて行われれました。神様の歴史に参加しても、専念して行なう人は神様の歴史だと分かりますが、自分の生や自分を中心にする人は分かりません。

神様は時が過ぎた分、地球世界の予定された所でその御心と歴史を広げられます。時になったら、どんな患難・迫害・困難に見舞われても、神様は必ず歴史をすべて成していかれます。

神様の歴史は行う人の歴史です。知っている人だけの命の歴史です。神様の救いの御心を成す歴史で、毎日行う人、神様の創造目的を成す人が、霊も肉も幸いな生を生きる人です。みんな歴史を学んだなら、信じて行ない、時に従って実を結ぶことを祝福します。

2023年7月9日「ほかのことは考えるな。御心だけ成していけばいい」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

2023年7月23日「1.神様の愛する肉体が世の中の彼らの肉体になった。だから裁いた。2.あなたの肉体は誰のものか。」キリスト教福音宣教会 | 日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2019年12月1日「手伝ってもらってこそ、もら…

    ルカによる福音書5章3~11節漁師たちが夜通し魚を獲ろうとしたけれ…

  2. 2020年5月3日「研究し,努力して,易しくやろ…

    マタイによる福音書11章25-30節<そのときイエスは声をあげて言われた、…

  3. 2021年9月19日「誰でも自分の肉的な矛盾を断…

    ローマの信徒への手紙8章6節<肉の思いは死であり、霊の思いは命と平和です。…

  4. 2020年9月13日「個性通りに使命を与えて一緒…

    2020年9月13日 主日礼拝の御言葉主題:聖句:マタイによる福音書10章…

  5. 2020年1月5日「私が話してあげよう」キリスト…

    ヨハネの黙示録14章1~5節ルカによる福音書20章25節今日の主題…

  6. 2021年6月20日「主と共に忍耐と祝福」キリス…

    ヨブ記23章10-4節<しかし、神は私と共にある道を知っている。/その方が…

  7. 2019年9月29日「才能通りに仕事を任せた人が…

    コリント人への第一の手紙12章18~28節みんな肢体です。全てが尊…

  8. 2019年12月8日「主が答えだ。すべて主のこと…

    使徒行伝8章27~35節イエス様が来られ、すべて解いてくださいまし…

PAGE TOP