2020年12月20日「メシヤを送った神様、聖霊様、御子に感謝しよう」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

ルカによる福音書2章7-20節
<初子の男子を産み、産着にくるんで飼い葉桶に寝かせた。宿屋には彼らの泊まる所がなかったからである。さて、その地方で羊飼いたちが野宿をしながら、夜通し羊の群れの番をしていた。すると、主の天使が現れ、主の栄光が周りを照らしたので、彼らは非常に恐れた。天使は言った。「恐れるな。私は、すべての民に与えられる大きな喜びを告げる。今日ダビデの町に、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。あなたがたは、産着にくるまって飼い葉桶に寝ている乳飲み子を見つける。これがあなたがたへのしるしである。」すると、突然、天の大軍が現れ、この天使と共に神を賛美して言った。「いと高き所には栄光、神にあれ/地には平和、御心に適う人にあれ。」天使たちが離れて天に去ったとき、羊飼いたちは、「さあ、ベツレヘムへ行って、主が知らせてくださったその出来事を見ようではないか」と話し合った。そして急いで行って、マリアとヨセフ、また飼い葉桶に寝ている乳飲み子を探し当てた。その光景を見て、羊飼いたちは、この幼子について天使から告げられたことを人々に知らせた。聞いた者は皆、羊飼いたちの話を不思議に思った。しかし、マリアはこれらのことをすべて心に留めて、思い巡らしていた。羊飼いたちは、見聞きしたことがすべて天使の告げたとおりだったので、神を崇め、賛美しながら帰って行った。>

クリスマスの週間になりました。
メシヤがお生まれになったのは、全人類にとってのことでしたが、誰も知りませんでした。
マリヤの体に、神様の御心、聖霊の御働きによって宿りました。
メシヤを待っていた人たちは、悪評し排斥しました。
しかし悟った人たちはイエス様に従いました。
今週私たちがすべきことは、地上にメシヤを送ってくださった聖三位に感謝し、栄光を帰することです。
正しく分かって悟り、正しく接して行なうこと自体が栄光であり、褒め称えることです。聖誕を感謝することで栄光を帰するクリスマスになることを祝福します。

2020年12月13日「三位一体に感謝と栄光」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

2020年12月27日「私エホバと聖霊は行なった通りに報いてあげた」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2021年8月29日「今の摂理歴史」キリスト教福…

    使徒言行録1章8-11節<こう話し終わると、イエスは彼らが見ている前で天に…

  2. 2021年11月14日「あなたが結局よくなり、壮…

    レビ記26章9節<私はあなたがたを顧み、多くの子どもを与え、数を増し加えて…

  3. 2021年7月25日「神様と聖霊様がくださった機…

    サムエル記上10章7節<これらのしるしがあなたの身に起こったら、ふさわしい…

  4. 2019年5月12日「神様が下さった祝福を大事に…

    マタイによる福音書25章14~30節神様は才能と能力に合わせて任せ…

  5. 2021年6月13日「自ら気をつけなさい」キリス…

    ルカによる福音書21章34-6<「二日酔いや泥酔や生活の煩いで、心が鈍くな…

  6. 2019年6月2日「信仰の武装」キリスト教福音宣…

    エペソ人への手紙6章10~8節信仰の武装はなぜするかというと、戦う…

  7. 2020年3月22日「神様と聖霊様の御心とおりに…

    テモテへの第二の手紙2章21~6節「もし人が卑しいものを取り去って自分をき…

  8. 2020年4月5日「いつも感謝しなさい」キリスト…

    テサロニケ人への第一の手紙5章16~8節<いつも喜んでいなさい。絶えず祈り…

PAGE TOP