2020年12月20日「メシヤを送った神様、聖霊様、御子に感謝しよう」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

ルカによる福音書2章7-20節
<初子の男子を産み、産着にくるんで飼い葉桶に寝かせた。宿屋には彼らの泊まる所がなかったからである。さて、その地方で羊飼いたちが野宿をしながら、夜通し羊の群れの番をしていた。すると、主の天使が現れ、主の栄光が周りを照らしたので、彼らは非常に恐れた。天使は言った。「恐れるな。私は、すべての民に与えられる大きな喜びを告げる。今日ダビデの町に、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。あなたがたは、産着にくるまって飼い葉桶に寝ている乳飲み子を見つける。これがあなたがたへのしるしである。」すると、突然、天の大軍が現れ、この天使と共に神を賛美して言った。「いと高き所には栄光、神にあれ/地には平和、御心に適う人にあれ。」天使たちが離れて天に去ったとき、羊飼いたちは、「さあ、ベツレヘムへ行って、主が知らせてくださったその出来事を見ようではないか」と話し合った。そして急いで行って、マリアとヨセフ、また飼い葉桶に寝ている乳飲み子を探し当てた。その光景を見て、羊飼いたちは、この幼子について天使から告げられたことを人々に知らせた。聞いた者は皆、羊飼いたちの話を不思議に思った。しかし、マリアはこれらのことをすべて心に留めて、思い巡らしていた。羊飼いたちは、見聞きしたことがすべて天使の告げたとおりだったので、神を崇め、賛美しながら帰って行った。>

クリスマスの週間になりました。
メシヤがお生まれになったのは、全人類にとってのことでしたが、誰も知りませんでした。
マリヤの体に、神様の御心、聖霊の御働きによって宿りました。
メシヤを待っていた人たちは、悪評し排斥しました。
しかし悟った人たちはイエス様に従いました。
今週私たちがすべきことは、地上にメシヤを送ってくださった聖三位に感謝し、栄光を帰することです。
正しく分かって悟り、正しく接して行なうこと自体が栄光であり、褒め称えることです。聖誕を感謝することで栄光を帰するクリスマスになることを祝福します。

2020年12月13日「三位一体に感謝と栄光」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

2020年12月27日「私エホバと聖霊は行なった通りに報いてあげた」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2019年11月24日「最後まで行なってこそ問題…

    ヨハネの黙示録2章26節ヤコブの手紙2章17節聖書の歴史を見ても、…

  2. 2020年4月26日「主の永遠の命の御言葉」キリ…

    ヨハネによる福音書1章14節<そして言は肉体となり、わたしたちのうちに宿っ…

  3. 2021年9月26日「最後までやる人が勝利する」…

    マタイによる福音書24章11-4節<また、偽預言者が大勢現れ、多くの人を惑…

  4. 2020年9月6日「自分の労苦通りに受ける」キリ…

    2020年9月6日 主日礼拝の御言葉主題:聖句:コリントの信徒への手紙一3…

  5. 2020年12日29日「よくやった。良い忠実な新…

    マタイによる福音書25章23節イザヤ書41章10節本文に「良い忠実…

  6. 2021年6月27日「伝道しなさい」キリスト教福…

    マタイによる福音書4章18-22節<イエスは、ガリラヤ湖のほとりを歩いてお…

  7. 2019年9月22日「聖霊様が導かれるとおりに行…

    ヨハネによる福音書14章26節/15章26節/16章13節私たちは…

  8. 2019年12月1日「手伝ってもらってこそ、もら…

    ルカによる福音書5章3~11節漁師たちが夜通し魚を獲ろうとしたけれ…

PAGE TOP