2021年5月23日「患難を経なければならない」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

参考聖句:ヨハネの黙示録7章13-7節
<すると、長老の一人が私に問いかけた。「この白い衣を身にまとった者たちは誰か。またどこから来たのか。」そこで私が、「私の主よ、それはあなたがご存じです」と答えると、長老は言った。「この人たちは大きな苦難をくぐり抜け、その衣を小羊の血で洗って白くしたのである。それゆえ、彼らは神の玉座の前にいて/昼も夜も神殿で神に仕える。/玉座におられる方が、彼らの上に幕屋を張る。彼らは、もはや飢えることも渇くこともなく/太陽もどのような暑さも/彼らを打つことはない。玉座の中央におられる小羊が彼らの牧者となり/命の水の泉へと導き/神が彼らの目から涙をことごとく/拭ってくださるからである。」>

必ず患難を経なければなりません。
イスラエルの人たちがカナンの地に行くためにはヨルダン川や紅海を渡らなければならなかったように、命の道に行くためには患難を経なければなりません。
気を引き締めるために患難が起こることもあります。
天の国の権勢は服です。
患難に打ち勝った人は白い衣を着ます。
患難に負けたら何にもなりません。
何でもないことなのに負けてはいけません。
真理を学んだ人はしっかり立っていなければなりません。
絶対的な信仰を持たなければなりません。
神様に関して解決できなければ困苦が来ます。
みんな患難に打ち勝ってきた人たちです。
今患難を受けている人たちを応援します。
人間はケチを付けようとしたらきりがありません。
聖三位はケチをつける所がありません。
みんなが聖三位を絶対的に信じて愛し、その御言葉通りに生きたら理想世界になります。
その愛が冷めないで生きていくことが大事なことです。
患難を経なさいというのは、喜ぶべき御言葉です。
患難を怖いと思ってはいけません。
怖がらず打ち勝たなければなりません。
あまり神経を使うことはありません。
患難を気にしたら大きく見えます。
主を信じて、御言葉を行ないつつ、神様だけを愛して、患難から出てこなければなりません。
笑顔で打ち勝ってください。

2021年5月16日「仕事の生と楽しみ」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

2021年5月30日「心配せずに祈りなさい」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2019年4月21日「神様と聖霊様と主を仰ぐ者」…

    イザヤ書40章29~31節神様・聖霊様を仰ぐ者、そして時代的に言う…

  2. 2020年1月26日「初めの感謝と喜び愛を忘れず…

    マタイによる福音書9章15~7節ヨハネの黙示録2章4節新郎と新婦の…

  3. 2021年7月18日「今すぐにみんながすべきこと…

    ルカによる福音書21章34節<「二日酔いや泥酔や生活の煩いで、心が鈍くなら…

  4. 2021年5月9日「最後までやってこそ目的を成し…

    マタイによる福音書24章13-4節<しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる。…

  5. 2019年12月1日「手伝ってもらってこそ、もら…

    ルカによる福音書5章3~11節漁師たちが夜通し魚を獲ろうとしたけれ…

  6. 2020年11月22日「命を顧みなさい」キリスト…

    ヨハネによる福音書21章15-7節<食事が終わると、イエスはシモン・ペトロ…

  7. 2020年10月25日「聖霊と主と共に」キリスト…

    マタイによる福音書16章17-8節<すると、イエスはお答えになった。「バル…

  8. 2020年10月18日「絶対信仰はしるしの御働き…

    マタイによる福音書17章14-20節<一同が群衆のところへ来ると、ある人が…

PAGE TOP