2021年5月30日「心配せずに祈りなさい」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

ヨシュア記10章10-4節
<主はイスラエルの前で彼らを混乱に陥れられたので、イスラエルはギブオンで彼らに大打撃を与え、さらにベト・ホロンの坂道を追い上げて、アゼカとマケダまで彼らを追撃した。彼らがイスラエルの前から逃れ、ベト・ホロンの下り坂にさしかかったとき、主は天から大きな石を降らせた。それはアゼカに至るまで降り続いたので、多くの者が死んだ。石のような雹に打たれて死んだ者は、イスラエルの人々が剣で殺した者よりも多かった。こうして、主がアモリ人をイスラエルの人々の前に渡された日、ヨシュアはイスラエルの見ている前で主に語った。/「『太陽よ、ギブオンの上にとどまれ/月よ、アヤロンの谷にとどまれ。』すると、太陽はとどまり/月は動きをやめた/民がその敵に報復するまで。」これは『ヤシャルの書』に記されているとおりである。太陽は丸一日、中天にとどまり、急いで沈もうとはしなかった。この日のように、主が人の声を聞き入れられたことは、後にも先にもなかった。主がイスラエルのために戦われたからである。>


神様を信じて行なっていたことが祈りです。
祈りとは神様、聖霊様に願い求め、話すことです。
神様の使命者たちは祈りの生を生きます。
行なってくださるように話さなければなりません。
祈りは対話です。
対話がなくなったら誤解が生じます。
祈ることによって理想的に解決されます。
祈って解決できるように思えない時でも、何事も切実に願い求めれば解決します。
心配しないで祈らなければなりません。
ヨシュアのように祈って行なうべき時です。
最善を尽くしてもできなかったことを、祈って解決してきました。
祈ってこそ、聖三位が行なってくださいます。
心配せずに祈ってください。

2021年5月23日「患難を経なければならない」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

2021年6月6日「絶対信仰」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2019年9月15日「永遠の命とは唯一でいらっし…

    ヨハネによる福音書17章3~4節今日の御言葉をひと言で言うなら、神…

  2. 2019年10月20日「心を新たに、生を新たにし…

    ローマ人への手紙12章1~2節主日というのは、神様に会う日です。準…

  3. 2021年4月18日「幼いからといって叱り、止め…

    ルカによる福音書18章15-7節<イエスに触れていただくために、人々は乳飲…

  4. 2020年6月14日「三位は貴重に使ってこそ貴重…

    マタイによる福音書25章21節/<主人は言った。『よくやった。良い忠実な僕…

  5. 2021年8月15日「神様の創造目的をまず分かっ…

    ヨハネの黙示録20章4節<また私は、多くの座を見た。その上には座っている者…

  6. 2019年6月30日「度が過ぎるほど行なうな」キ…

    伝道の書7章16~7節人は度が過ぎるほどやることがあります。「度が…

  7. 2020年10月25日「聖霊と主と共に」キリスト…

    マタイによる福音書16章17-8節<すると、イエスはお答えになった。「バル…

  8. 2019年11月3日「あなたたちの心配を主にゆだ…

    ペテロ第一の手紙5章7節主にゆだねたことは、神様にゆだねたことにな…

PAGE TOP