2021年5月30日「心配せずに祈りなさい」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

ヨシュア記10章10-4節
<主はイスラエルの前で彼らを混乱に陥れられたので、イスラエルはギブオンで彼らに大打撃を与え、さらにベト・ホロンの坂道を追い上げて、アゼカとマケダまで彼らを追撃した。彼らがイスラエルの前から逃れ、ベト・ホロンの下り坂にさしかかったとき、主は天から大きな石を降らせた。それはアゼカに至るまで降り続いたので、多くの者が死んだ。石のような雹に打たれて死んだ者は、イスラエルの人々が剣で殺した者よりも多かった。こうして、主がアモリ人をイスラエルの人々の前に渡された日、ヨシュアはイスラエルの見ている前で主に語った。/「『太陽よ、ギブオンの上にとどまれ/月よ、アヤロンの谷にとどまれ。』すると、太陽はとどまり/月は動きをやめた/民がその敵に報復するまで。」これは『ヤシャルの書』に記されているとおりである。太陽は丸一日、中天にとどまり、急いで沈もうとはしなかった。この日のように、主が人の声を聞き入れられたことは、後にも先にもなかった。主がイスラエルのために戦われたからである。>


神様を信じて行なっていたことが祈りです。
祈りとは神様、聖霊様に願い求め、話すことです。
神様の使命者たちは祈りの生を生きます。
行なってくださるように話さなければなりません。
祈りは対話です。
対話がなくなったら誤解が生じます。
祈ることによって理想的に解決されます。
祈って解決できるように思えない時でも、何事も切実に願い求めれば解決します。
心配しないで祈らなければなりません。
ヨシュアのように祈って行なうべき時です。
最善を尽くしてもできなかったことを、祈って解決してきました。
祈ってこそ、聖三位が行なってくださいます。
心配せずに祈ってください。

2021年5月23日「患難を経なければならない」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

2021年6月6日「絶対信仰」キリスト教福音宣教会|日曜礼拝の聖書メッセージ

関連記事

  1. 2020年5月17日「勤勉な人が得る」キリスト教…

    ローマ人への手紙12章8-13節<勧めをする者であれば勧め、寄附する者は惜…

  2. 2022年11月27日「前もって分かって行なって…

    ローマの信徒への手紙1章1-4節<キリスト・イエスの僕、使徒として召され、…

  3. 2023年6月4日「御言葉を読む人は神様を見る人…

    <ヨハネによる福音書1章1-18節>初めに言があった。言は神と共にあった。…

  4. 2019年9月8日「今は千年の婚宴の時だ」キリス…

    マタイによる福音書22章1節~14節今日の聖書の箇所は、イエス様が…

  5. 2024年3月3日「1.過ぎて行く時間を貴重に使…

    <エフェソの信徒への手紙5章16節>時をよく用いなさい。今は悪い時代だから…

  6. 2021年5月9日「最後までやってこそ目的を成し…

    マタイによる福音書24章13-4節<しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる。…

  7. 2022年2月27日「聖霊の啓示なさることをまず…

    コリント信徒への手紙一 12章7-11節<一人一人に霊の働きが現れるのは、…

  8. 2019年10月13日「速くやりなさい」キリスト…

    イザヤ書19章1節神様は速い雲に乗って行われます。イスラエルの人た…

PAGE TOP